久々にラウンドしてきました。

昨日は久々に18ホールのラウンドをしてきました。

普段は9ホールの練習ラウンドばかりなので、同じゴルフといえどやはり18ホールはまた違った楽しみがありますね。

結果は90 (51,39)でした。

 

前半久々に50台叩いた時には撃沈しそうでしたが、何とか集中して後半プレーができましたね。

まあハーフ30台出したのなんて2度目ですので、上出来です。笑

 

最近アイアンの精度向上に取り組むべく、ある理論を考え、練習にを取り入れているのですが、

結果に繋がってきていていい感触です。

この「ある方法」についてはまた詳しく記事にしたいと思います。

 

前半も51とスコア的には悪いのですが、ティーショットが普段曲がらない方向へ行ってしまい、OB連発してしまっていて、前半は修正ができませんでした。。

しかしアイアンのショットは安定感がありましたので、後半は自信をもってセカンドを打って行け、良い結果に繋がったと思います。

 

後半は少し打ち方を変えるなどして、ティーショットも安定させることができました。

最近は週に1度は練習ラウンドに取り組んでいますので、こういったラウンド中の修正力はついてきているなと実感しています。

やはり実践に勝る練習方法はありませんね!

打球測定器を使う時の注意点!

ゴルフ練習場で練習する時に打球計測器を使って練習する人もいると思います。

有名どころではユピテルのスイングトレーナーとかですね。

部長的にはこれがオススメです。

 

以前使ったことありますけど、ユピテルの製品は精度がいいと評判ですね。

あんまり使わなくなって売ったんですが、結構高値で売れたのを覚えています。

根強い人気があるので、興味がある人は試しに買ってみて、気に入らなければヤフオクとかアマゾンで売ってしまうのも手ですね。

 

あとは値段が安いのはPRGRのレッドアイですね。

 

これはゴルフ以外にも野球とかサッカーのボールのスピード計測もできるみたいなので、

スポーツ少年少女を子供に持つ親御さんにはオススメですね!

 

これを使ってミート率を上げられれば、ゴルフの腕も上がります。

ただ、こういった打球測定器を使う際の注意点を教えておきます。

 

過去の記事でも書いたことがありますが、ゴルフ練習場のボールって飛ばない設計になっています。

 

打ちっ放し型ゴルフ練習場での注意点!

 

なので、

ヘッドスピードは正確に表示されても、ボールスピードが遅く表示されますので、

結果ミート率も低い値が出やすいです。

これ要注意です!

 

せっかくいい機械を導入したのに、正確に数値が表示されない状況で使ってたら練習になりません。笑

普段ラウンドでも使用する本球で試されるなら正確な情報が得られるのですが、

そうでなければあまり意味がないかもしれませんね。。

 

まあ飛ばないということ前提で練習するなら全然ありですね。

 

部長はこの事実を知る前にもう売ってしまっていたので、結果よかったです。笑

みなさんも購入の際にはご注意を!

 

「ゴルフ侍、見参!」から分析するプロとアマの違い!

「ゴルフ侍、見参!」観てますか?

部長は半年くらい前から毎週観てるんですが、

アマチュアが勝ったところを観たことありません。笑

 

これってこれまでの戦績ってどうなんだろ?って調べたら、

40勝198敗25分

だそうです。。

 

アマの勝率は15%ってところにびっくりですね。

いくらアマチュアのホームコースといえど、さすがプロ。

初めて回るコースでも8割以上のプロが勝利しています。

 

それどころか、部長が観た中では最終ホールまで勝負が続くアマチュアもほとんどいません。

 

ではなぜここまで差がつくのか?

部長なりにプロとアマの違いを分析してみたいと思います。

 

プロは圧倒的にパットが上手い!

これ一番大きい差だと思います。

コースを知っている分、マネジメントはアマチュアの方が上手いので、

グリーンオンした時はアマチュアの方が寄っていることも多いのですが、

やはりプロのパットの安定感は半端ないです。。

特に、序盤の1、2ホールで、ここを入れときたい!ってパットを決める確率が高いです。

 

逆にアマチュアは1m以内とかでも外したりする人多いです。

これの展開を序盤でやられるとほぼアマチュアが負けてますね〜。

 

 

ティーショットで飛距離の差が出る

これは対戦の組み合わせによることもあるんですが、やはりプロの方が飛ばしますし、

もちろんですが、球にも安定感あります。

この飛距離のアドバンテージがのちにジリジリスコアに差が出てきていますね。

 

 

プロはボギーを叩かない

プロの方ほんとにボギー叩かないです。。

ティーショットをミスしたり、アプローチが寄らなかったりするんですが、

上がってみればパーセーブというパターンです。

まあそれができないとプロにはなれないのでしょうけどね。笑

アマがボギー叩いたらもうほぼ負け決定ですもんね。

 

 

150y以上のショットの安定感が違う

これで差がつく場面けっこうあります。

ちょっと長めのパー3とか特にですね。

部長が観ている感じだとアマチュアはショートしている人多いです。

おそらく会心の一撃のショットで届くクラブで打っているんだと思います。

それだとグリーンオンは厳しいです。

プロはこのあたりのショットマネジメント、クラブ選択の技術が長けています。

 

 

プロは強気、アマは弱気?

まず気持ちで負けてる人多いです。笑

まあプロが相手なんで仕方ないですが、

プロはミスをしても、次に切り替えまあ何とかなるだろ、ってマインドの人が多いですが、

アマチュアはミスしたらほぼ負けが決まるので、ズ〜んと重くなっちゃう人が多い気がします。

 

時々「この距離OKくれないんだ〜」とか、

「プロ手加減してくれないんだね〜」とか言っちゃうアマがいるんですけど、

ガチンコ勝負の企画で自分から出演しておいて、相手から何を期待してるんだと思いますね。

ガチンコで勝つ気がないなら出なきゃいいと思うのですが、

序盤でこういう展開あると、ああ、もうこりゃ負けだな〜って観てる方はちょっと萎えたりしますね。。

 

やっぱり仕事で技術を追求しているプロとアマの違いって基本的な姿勢、ゴルフの取り組み方であれだけ勝率の差が出てくるんだと思います。

 

もちろんゴルフ部的にはアマチュアにどんどん勝ってもらいたいですし、いつも応援しているので、

全国の出演するアマチュアゴルファーの方には是非頑張ってもらいたいですね!

 

ゴルフ観戦はここを見よ!

松山英樹が参加するダンロップフェニックスが開幕しましたね。

初日は4アンダーとまずまずのスタート。

今日はジャンボ尾崎氏と同組でラウンドしたようで、これを生で観戦できる観客の皆さんが羨ましいです。

 

 

部長も10年くらい前にダンロップフェニックスを観に行ったことがあります。

ちょうど第一次ゴルフにハマった時期でして、

タイガーウッズが日本に来るってことで友人と観に行きました。

 

部長は住んでいる土地柄、あんまり近くでプロゴルフのトーナメントがないので、

この1度しかプロの試合は観に行ったことがないのですが、

この時に一番印象に残っているのはプロの練習風景でした。

 

今年のダンロップフェニックスを観戦している方がツイートされてましたが、

こんな感じでズラーっとプロが並んで練習しています。

 

 

当時はタイガーウッズ目当てで行ったので、タイガーの記憶しかありませんが、

今ではもっとたくさんのプロの練習風景を観ておけばよかったと思います。

 

特に球筋が参考になります。

普段はアマチュアゴルファーの打球しか見ることがないので、プロはどんな球を打っているのかが参考になります。

 

ことタイガーウッズに関して言えば、

弾道の高さ、軌道が全く同じ球をバシバシ打っていました。

そしてドライバーでは、今まで観たことのない球速すぎて一瞬球を見失うレベルでしたね。。

 

また、どんな練習をこなしてからラウンドまでに入るか、この準備方法などもとても参考になると思います。

 

最近はインスタやツイッターなどのSNSで現場を垣間見れるので、

スコアアップにはこの辺りもチェックして自分のラウンド前の参考にすべきですね!

アマチュアゴルファーが観るべきゴルフテレビ番組トップ5!

週末になるとゴルフ番組が増えますね。

部長はプロのトーナメントはあんまり観ないのですが、

毎週放送されるゴルフの番組(バラエティ含む)は録画して観ています。

 

部長的にはゴルフって上達するのにボールを打つことも大事ですが、

上手いプレーヤーからスイングやコースマネジメントを学ぶことも大事と思います。

なので、アマチュアゴルファーにオススメのゴルフ番組トップ5を紹介したいと思います。

 

では第5位から

「ゴルフの翼」

世界に標準を合せた若きゴルフアスリートと、

既にゴルフ以外の競技で世界を経験しているトップアスリートがゴルフのラウンドを楽しみながら

語り合うゴルフエンターテインメント番組です。

 

高校生くらいの子がよく出てきますが、めちゃくちゃ上手いです。。

ジュニアゴルファーはスイングが綺麗なので、とても参考になります。

元トップアスリートとの対談もいいですね、別の競技とはいえトップレベルのアスリートだった方ばかりなので、

トレーニングの仕方や、モチベーションの持ち方など非常に面白いです。

 

個人的には野球の中村紀洋氏の回がめちゃくちゃオススメでした。

また飛ばす飛ばす。。普通に300yくらい飛ばしてましたね。笑

 

 

続いて第4位

「武井壮のゴルフ コロッセオ」

今年の4月から始まった番組ですね。

タレントの武井壮氏が凄腕アマチュアゴルファーとガチンコ対決する番組です。

ゴルフメーカーの社員さんが出演されることが多いのですが、片手シングルのプレーヤーの方も多くて観ていてとても勉強になります。

本間ゴルフの社員さんがめちゃくちゃ上手でビビりました。笑

 

 

続いて第3位

古閑美保のゴルフチャレンジアスリート BSフジ」

 

古閑美保プロが若手の女子ゴルファーとラウンド対決しながら、ワンポイントレッスンなんかをしてくれてます。

まず女子ゴルファーのスイングってとても参考になります。

上半身に力みがなく、体全体を使って上手にスイングするので、体の使い方がとても参考になります。

男子プロのようにダイナミックに打ちたいのはわかりますが、部長的にはまずは女子プロのような体の動きを覚えることがスコアアップにとても大事だと思います。

 

残すところあと2つです!

第2位

「ゲームの決断~ゴルフ宮里道場PREMIUM~」

宮里聖志プロが聞き役となり、ツアープロのコースにおける「判断力」「テクニックの裏側」を紹介する番組です。

今ある状況からどうショットすることがベストかを現役ツアープロが紹介してくれるので、

もの凄く参考になります。

実際にプロの考え方や解説なんて聞くことできませんからね〜。

宮里プロが、プロの目線で質問しているので、大変深い番組です。

部長は週に1度の「ゴルフの授業」だと思って観ています。

 

アシスタントの高柳 愛実さんが綺麗でゴルフも上手なのでここも見所の1つです。笑

 

さていよいよ1位の発表です〜!

「ゴルフ侍、見参!」

 

以前も記事の中で紹介したゴルフ侍、見参!ですね。

これはもうタイトル通り、そのコースでクラブチャンピオンを獲ったことのあるアマチュアゴルファーが、プロとガチンコ対決しています。

 

これはどっちが有利なのか?と思うかもしれませんが、

これまでの戦績を観ると 40勝196敗25分(2017年11月11日現在)と圧倒的にプロが勝ってます。笑

当たり前ですがやっぱりプロって上手いです。

 

出てくるプロはシニアの方ですが、といってもやはりプロ!

ミスショットを打ったりするんですが、それでもパーで上がっていきます。

 

対するアマチュアゴルファーの方も、クラブチャンピオンを獲とられたくらいなので、

ほとんどの方が片手シングルクラス。

もちろん上手ですが、やはり大勢のギャラリーやテレビの緊張感からなのか、けっこう自滅してしまう方が多い印象ですかね。。

 

ただ、やはりこれからシングルを目指そうと思っている方は、

シングルのアマチュアゴルファーのラウンドが観れるので、参考になること間違いなしです!

 

週末のゴルフ番組をしっかり録画して、平日の夜にゴルフの勉強をしましょう!

その練習方法で大丈夫?

ゴルフの練習といえば、打ちっ放しのゴルフ練習場でドライバーを気持ちよく振り回していませんか?

 

ゴルフ部部長も始めた頃はよくそういう練習をしていました。

(いやつい数ヶ月前もそういう練習をした日があったかも。。笑)

 

ここで簡単に部長のゴルフ歴を紹介します。

ゴルフを始めてもう10年以上が経ちます(途中3年やってませんでした)。

ベストスコアは85。

100を切ったのは3ラウンド目でしたが、なかなか90が切れませんでした。

始めて数年でやっと88が出ましたが、その後シャンク病が治らず3年ほどゴルフをヤメていました。

その頃は全くゴルフが面白くなかったので、道具も全て売り払ったほどでした。

 

4年ほど前から再開し、

ここ1、2年は80台のスコアが出るようになりましたが、なかなかレベルアップを体感できるほどではなく、

100を叩いたり、良ければ90前後というスコアに落ち着いています。

 

やはりゴルフを始めた以上は、スコア70台、ハンデはシングル、片手シングル、スクラッチプレーヤーと目指していきたいのですが、なかなか思うように上達しないのがゴルフ。。

 

道具は劇的に進化しているにも関わらず、アマチュアゴルファーのハンディは30年前とあまり変わらないというデータもあります。

 

そこで3ヶ月前くらいから練習方法を変えてみました。

 

まず、打ちっ放しタイプのゴルフ練習場に行くことをやめました。

そして実際に芝の上から打つ練習を増やすことにしました。

これはどうするかというと、週に1,2回は9ホールしかないショートコースなどに行くようにしたのです。

 

この辺りは近くにそのようなゴルフ場がない方はできないかもしれません。。

とにかく本番に近い環境で練習をする機会を増やすことにしたのです。

 

ショートコースに行き始めたのはここ1ヶ月くらいですので、まだ劇的に成果は出ていませんが、

ベストスコアよりもワーストスコアの平均が上がりました。

 

最近の5ラウンドでは100はおろか、95以上のスコアがありません。

 

おそらく芝の上で打つ感覚が身につき、ミスが出てもリカバリーでき、

結果大叩きにならないようにレベルアップしているのだと思います。

 

ではラウンドをしていない時はどんな練習をすれば良いのか?

それはこれからたくさん時間をかけて紹介していきたいと思います。

 

みなさんもいい練習方法があればぜひ教えてください!

 

そして部長は必ずスコア70台→シングル→片手シングル→スクラッチプレーヤーへとステップアップしていきます!

ゴルフは真似て上手くなる

ゴルフ侍、見参という番組をご存知ですか?

最近ゴルフにめっぽうハマり、ゴルフ番組を観る事が多くなりました。

 

その中でも面白いのがこのゴルフ侍、見参という番組で、

内容はアマチュアゴルファーが所属するホームコースでプロとガチンコ対決でマッチプレーするというもの。

プロとトップアマの対決ということもあり、上達のヒントになる情報も満載なので、ぜひご覧いただきたい。

 

先週の放送で初見充宣プロが非常に興味深いゴルフ上達法を語っていました。

プロ曰く、

「自分と同じ体型の自分よりうまいプレーヤーをとことん真似る」

とのこと。

連続写真を一コマ一コマ真似たり、アドレスまでの動作も真似ると言っていました。

その影響からティーを挿すのは必ず左手だとか。

右手で挿すと右肩が下がる。それがアドレスに影響するため、そういったルーティンも真似ていると話していました。

 

「人を真似る」

 

パクると言うと聞こえは悪いですが、これは今の自分のレベルアップをさせる上で最も簡単な方法だと思っています。

ゴルフだけではなく、さまざまな競技や、または仕事でも通じる考え方だと思います。

 

自分よりスコアが良い人はなぜ良いのか?

自分に足りないものは何なのか?

そういったものを見つけるには、自分よりうまい人を真似ることは非常に良いゴルフの上達法と言える。

 

初見プロは自分と同じ体型のと条件付けていましたが、

これはスイングを真似るためだと思います。

身長体重がが違えば同じスイングをする事が難しいため、そう考えられたのだと思います。

 

あなたも自分の体型と同じような、自分より上手な人を真似てみてはいかがだろうか?

ゴルフ部開設

このサイトは管理人であるゴルフ部部長がゴルフの楽しみ方や、スコアアップの練習方法、ギア情報などを紹介し、

多くの方々と情報を共有し、ゴルフを生涯を通じて楽しむための部活です。

目標はそれぞれ違えど、Enjoy Golfをモットーに共に切磋琢磨しましょう。