シャフトのしなりを感じて打てるようになるコツとは?

みなさんクラブのシャフトのしなりって感じてますか??

硬いシャフトを使っている人はなかなかシャフトのしなりって感じにくいと思います。

でも実はクラブシャフトって結構しなっています。

 

これは松山英樹のドライバーショットの画像です。

松山秀樹のハードスペックのシャフトでもこんなにしなっています。

テークバックで体側に1度しなって、

インパクトでは弓のように逆しなりした状態になっています。

この逆しなりの状態を生み出すことで、反発力がうまれ、ヘッドが走り、ビッグドライブへとつながるわけです。

 

このしなりがタメられずインパクトを迎えてしまうと、

チーピンやスライスの原因になったりもします。

もちろん飛距離も出ません。。

 

ではどういう練習をすればこんなしなりを出せるようになるか?

部長はしなりを体感できる練習器具を使うことがしなりを使ったスイングを覚えるのにオススメだと思います。

いくつかオススメの練習器具を紹介します。

 

イージーフレックス EF009ドライバー

マーク金井氏が作った逆しなりを体感できるドライバーですね。

このアイアンバージョンを使ったことがありますが、コレ面白いです。

すごくぐにゃぐにゃなシャフトなので、嫌でもしなりが体感できます。笑

この器具のいいところは実際にボールが打てる!というところですね。

何発か打って、自分のクラブに変えてみるとクラブのしなりを使った打ち方を体に覚えさせることができます!

 

つづいてこちら。
elitegrips(エリートグリップ) 1SPEED ワンスピード スイング練習器

これはしなりを体感できる練習器具としては根強い人気がありますね。

楽天のゴルフ練習器具の中でも1位を何度も獲得しているスグレモノです!

こちらは解説動画があるので、ご覧いただいた方が早いですね!

これは球を打つことはできませんが、 初心者から上級者までシャフトが選べるので、

自分に合ったスペックを使うことができるのでオススメですね!

 

シャフトのしなりを体感する練習器具はこの2つが部長的にはオススメです。

ドライバーを新しく購入するくらいなら、こういう練習器具を買って練習を地道に続ける方が確実にスコアアップに繋がります。

 

え?もっと安くていいのはないのかって?

 

しょうがないですね。笑

最後に1つオススメです。

実は部長はこれを使っているんですが、

 

レディース用のクラブ

です。笑

レディース用のクラブって柔らかいシャフトを使っているので、上記の練習器具ほどしなったりはしないと思いますが、似たようなイメージで使うことができます。

部長は妻が知り合いからもらってきた30年くらい前のレディース用の6番アイアンで時々打ったりして、シャフトのしなりを体感するようにしています。

 

たぶん中古ショップに行けば1,000円くらいで売ってると思います。笑

懐事情が厳しい方はそういったモノをオススメしますよ。

 

ちなみに米山剛プロがゴルフ宮里道場PREMIUM「ゲームの決断」に出演されて際に、

自分で作ったレディース用の6番アイアンで、シャフトのしなりを感じるために実際に練習前に素振りをしたりボールを打ったりするという話をされていました。

プロの方も実践している練習方法なので、アマチュアもどんどん真似をしていきましょう!

ティーショットでターゲットに向かって構えるコツ

部長がゴルフでまず難しいと感じるのは

ターゲットに向かって真っ直ぐ(スクエア)構えること

だと思います。

 

ミスショットの9割は打つ前に原因があるという言葉あるくらいですので、

真っ直ぐ構えていつも通りにスイングすることがなかなかできないのがゴルフです。

 

打ちっ放しの練習場ではショットマットや、打席のマットがスクエアに目標に向いていますので、

きちんとアドレスをとることができますが、いざコースに出てみるとまず真っ直ぐ構えることに難しさを感じるゴルファーは多いと思います。

 

なので、今日はティーショットでターゲットに向かって構えるコツを紹介と思います。

 

一般によく言われるのが、

まずターゲットを決め、ボールから30cmくらい離れた場所にスパット(目印)を見つけて、

スパットとボールを線でむすんだラインをイメージして構えるという方法があります。

これもとても有効です。

部長もセカンドショットなどはこういう方法でターゲットに向かって構える動作を行なっています。

 

え?ティーショットは違うの?

 

と思うかもしれませんが、部長はこれとは違う方法でスクエアに構える方法を取っています。

 

まずボールにマジックなどでラインを引きます。

こんな感じです。

 

ラインマーカーはどれでも良いですが、部長はAmazonで買いました。

 

このラインマークの場合、部長は短い線をターゲットに向けてボールを置きます

 

そしてアドレスの時に長い線にフェースをスクエアに合わせてアドレスを取るようにします。

こんな感じです。

スパットはちょうどいいところにあればいいのですが、無い場合もあります。

しかしこの方法でしたら、確実にターゲット方向にラインを合わせることができます!

ターゲットに合わせる線はお好みですが、部長はこの方法の方がしっくりきています。

 

実はこれ、ブリヂストンゴルファーズストアのフィッティングに行った際、フィッターの方からオススメされた方法なのです。

 

ゴルフでは1ホールに2度ボールを置くことができます。

ティーショットとグリーンオンした時ですね。

ただ闇雲に置くのではなく、ミスが出にくい方法を意識してボールを置いてくださいとアドバイスを頂いて、

早速実践しています。

 

この方法を試してみたらわかると思いますが、ターゲットににキッチリラインマークを合わせるのって結構大変です。

ターゲットは200y以上先ですからね。

部長もちょっとボールをずらしたり、置いた後に後ろから確認したりしながら、いつも一発では決まりません。。

あんまりスマートな方法ではないのですが、スコアがよくなるなら部長はOKです。笑

 

ちなみにこれを始めてからはOBの数が減少傾向にあります。

 

マジックさえあれば試せるコツなので、次回のラウンドではぜひ試してみてください!

 

ドライバーが左右に曲がってしかたない時の対処法!

ドライバーが左右に曲がってしょうがない。

こんな時はありませんか?

 

そういったケースの場合、ドライバーの打点もバラついている可能性があります。

先日部長がフィッテイングを行った際、フィッターの方は打点がバラついていないかをまずチェックします。

ここが安定していれば球筋も安定しやすくなるということです。

 

打点のチェックにはショットマーカーなどを使って、定期的にチェックしてみましょう。

 

さて、先日のフィッティングで今のスイングに合ったクラブを推奨されたものの、

新品78,000円

と言われるとなかなか手が出ません。

 

とはいえ、いいものを体験すると、やっぱりドライバーを安定させたいという欲が出てしまいます。

 

ふと先日のフィッテイングの際に熟練フィッターの方に言われたことを思い出したのですが、

 

「あなたは重量がある程度ある方が球筋が安定するだろうね」

 

部長はまあまあヘッドスピードも出ますし、軽いクラブだと手で振り回す癖がからミスが出ることがよくあります。

現在のドライバーの重量は318g

熟練フィッターにオススメされたドライバーの重量は322gでした。

 

たかが4gなのですが、そんなに違うものなのか?

 

ということで自分のクラブで検証してみます。

 

まずはショットマーカーを貼って試してみました。

ビックリするぐらい芯を外しまくっています。。。笑

 

いや、言い訳するわけじゃないですが、いつもはもっと当たってるんですよ!!

フィッテイングの時ももっと真ん中当たってましたし、、

このドライバーで軽く振っても230-250yくらい飛びますし。。

なぜか今日はさっぱりでした。。。

 

ということで鉛を貼って重量を重たくしてみます!!

使用したのはあのマーク金井氏推奨のシャフト専用鉛です!


こんな感じで、シャフトにサクッと貼れるようになってます。

 

現状のクラブのバランスを変えずに重量を重たくする場合、

鉛はグリップの先あたりにクルリと綺麗に貼ることです。

 

さて、これで5g重くなり、物理的には323gのドライバーへと変身しました!

 

早速試打してみます。

 

なんと!!

 

 

見事に打点が真ん中に寄っているではないですか!!

 

これヤラセでも何でもないです。ガチです。笑

このブログでヤラセやっても何にもメリットないですから。笑

 

いつもは鉛貼らなくてもこのくらい当たるんですけどね、、

 

ということでたかが5gですが、こういう風にガラッといい影響が出る場合もあります。

 

ドライバーが左右にバラついて仕方ないというアナタ!

クラブを変える前に、ちょっと微調整してみてはいかがですか??

2年ぶりのベストスコア更新

練習方法を変えてからなかなか結果につながっていない部長でしたが、
2年ぶりにベストスコアを更新できました。

 

83(40,43)でした。詳細はこんな感じです。

前半はOBなしの40,後半はティショットで2回OBを出してしまい残念でした。

しかし、半年前は100を叩いたコースでしたので、素直にこの結果は嬉しいです。

初めて70台のスコアを意識できたラウンドでもあり、課題や伸び代も感じたので、

しっかりと分析して次に繋げたいですね!

 

いろいろと画像を取っておけばよかったですが、これも次回の課題ですね。笑

 

普段のラウンド練習ではあまりパッとしない出来だったのですが、

昨日は良い部分が際立ちました。

 

まず最近調子がよくなかったドライバーの打ち方を変えた成果が出ました。

 

部長はもともとスライサーで、最近も右へのOBが多かったです。

自分の意識の中では右手でインパクトの瞬間にグリップを握りすぎたり、クラブを押し込みすぎたりして、

いわゆる右手の使いすぎでスライス回転を起こしてしまっていると考えました。

 

そこで2点変えました。何を変えた言うと、

1.アドレスからクラブヘッドを体の真ん中に置く意識でテークバック

2.トップ〜インパクトで右手を使わず、ボールのインパクト手前からその先までただクラブヘッドをスルーさせる意識

で振りました。

PWや9Iでアプローチするようなイメージでしょうか?

 

そうすることで、曲がり幅が軽減でき、昨日は右へのOBはありませんでした。

なぜか左への引っ掛けで2回OBが出ましたので、これは打ち方を変えた影響だと思います。

 

これまでいろいろクラブを変えたりしてみましたが、

やっとドライバーの打ち方を掴めそうな気がしてします。

 

 

ボブロテラ氏の著書に

私が変わればゴルフが変わる


という本がありますが、その言葉通りですね。笑

 

道具のせいではなく、自分が変われば、練習方法が変わり、結果に繋がるといういい経験になりました。