これだけやればゴルフは上手くなる

タイトルですが、部長の発言ではありません。笑

実はこれ、片山晋呉プロが動画で発言しているコメントなんです。

では何をやればゴルフは上手くなるかというと、

まずはこの動画を観てみてください。

 

片山晋呉「俺、マジでこの練習しかやってないわ」

 

この動画で片山プロがやっているのが、

ウェッジのアプローチです。

 

え?それだけでいいのと思うかもしれませんが、

ツアー30勝、永久シード権を持つ片山プロが行っているので間違いないでしょう。

 

ここで大事なのは、

下半身のバランスを使って打つこと

右手首の角度をキープする

ことだと思います。

 

もう一度動画をチェックしてみてください。

動画の最初に、片山プロは交互に足踏みをしていますよね?

これは体重移動を意識しやすくするための準備運動のようなものです。

 

そして右手首の角度も、アドレスからテークバック、フォローまでキープしています。

右手首の角度は非常に重要だと最近気づきました。

特にアプローチでは、この右手首の角度をキープすることで球も上がりやすくなります。

 

それからスイングは時計の針で言うと9時から3時までの間で行います。

片山プロ曰く、スイングの基本は全て同じだそうです。

この9時から3時までのスイングをきちんとできればどのクラブも応用可能という理論です。

なので、まずはウェッジで動きを覚えましょうということです。

 

部長もこの動画を観てからは毎日この練習をしています。

といってもここ3ヶ月くらいですが。。笑

 

しかしベストスコアを更新しましたし、このドリルもスコアアップに役立ったと言えると思います。

 

自宅の庭でも十分できる練習ですので、

騙されたと思って試してみてはいかがですか?

自宅でオススメの練習方法とは?

気候には絶好のゴルフシーズンですが、最近は天候に恵まれませんね。

今日は自宅でできるオススメのゴルフ練習方法を書きたいと思います。

 

部長は最近ゴルフ関連の書籍を読むようになり、ゴルフのレッスン方法もいろいろ試していますが、

これは場所もそこまでとらないので、オススメです!

 

片山晋呉プロの書籍「SHINGO IZM」で紹介されていて、

片山プロ自身も実際に行なっているドリル

「片手打ち」

です!


シンゴイズムではこの他にドリルも紹介されてあるので、一読されることをオススメします!

 

片手打ちの効果としては、、

・手打ちの矯正

・正しいインパクト作り

 

ではじゃあどうやって打てばいいのか?

片山プロが解説している映像はないのですが、

片山プロに教わっている飯島茜プロが片手打ちを紹介している動画がありますので、こちらをごらんください!

片手打ちの注意点

・手先や腕を使いすぎない

・ゆっくり振る

・右手打ちの時は手首の角度をキープする

以上の点に注意しましょう!

 

 

いやちょっとまって、じゃあこれ自宅のどこでやるの??

って話ですよね?

 

自宅の庭などで練習できる人はいいのですが、

そうでない方もいると思います。

そういう方にはウレタンボールとショットマットを使った室内練習がオススメです!

 

・ウレタンボール

 

・ショットマット

 

これをカーテン前2mくらいにセットして片手打ちしましょう。

カーテンがクッションとなって窓に当たる衝撃を吸収してくれます。

 

ウレタンボールは本球と違って軽くヘッドが抜けやすいので、

手に力みが入らず、スイングをしっかり意識することができるので、オススメです!

毎晩それぞれ10球ずつくらい練習するだけでも十分良いトレーニングになりますよ!