飯合肇プロが教えるアプローチのコツとは?

ゲームの決断〜ゴルフ宮里道場PREMIUMのゲストが先月から飯合肇プロでした。

日本初のレギュラー / シニア両ツアーの賞金王ということもあって非常に勉強になりました。

 

その中で先週の放送ではPAR5などのセカンドショット、それからアプローチを上手に打つコツなどを解説されていました。

今気づいんたんですが、ゲームの決断〜ゴルフ宮里道場PREMIUMでは動画の配信もされているんですね。

部長が観た先週の動画もすでにアップロードされていたので、是非ご覧ください。

 

http://www.alba.co.jp/lesson/column/article?title_id=357&id=6699

 

その解説の中でアマチュアゴルファー向けに説明されていたのですが、

アマチュアゴルファーはピンにできるだけ寄せたいという気持ちが強すぎる。

そうではなく、ピンを中心に半径3m、直径6mの円の中に入れば1パットのチャンスになると解説されています。

目標を狭く絞り込まずに、カップから半径3mに寄ればOKと考える

ことが重要だそうです。

 

確かに部長もピンばかり気にしています。。笑

でも3mとかなかなか寄らない時も多いです。。

ターゲットを絞りすぎず、より大きな的として考えればミスの軽減にも繋がりますね!

 

またこれはアプローチだけでなく、セカンドショットにも使える大事な考え方だと思います。

セカンドでもやはりピンポジションを見て目標と設定すると思います。

しかしより大きな的を目標に、たとえばグリーン全体を1つのターゲットにする、

もしくはグリーンよりもう一回り大きな円をイメージしても良いですね。

そうすることでプレッシャーが軽減され、大きなミスを減らすことができます。

こうすることで1打スコアアップに繋がっていくと思います。

 

部長も次回のラウンドからこのあたりの意識を変えてプレーして見たいと思います!

 

↓スコアップに直結するギアはコレ!レーザー距離計!

 

平均スコア-5打!スコアアップにかかせないゴルフギアはコレ!!

飯合肇プロが教えるFWを上手に打つコツとは?

ゲームの決断〜ゴルフ宮里道場PREMIUMのゲストが先月から飯合肇プロでした。

日本初のレギュラー / シニア両ツアーの賞金王ということもあって非常に勉強になりました。

 

その中で先週の放送ではPAR5などのセカンドショット、主にフェアウェイウッドで上手に打つコツなどを解説されていました。

今気づいんたんですが、ゲームの決断〜ゴルフ宮里道場PREMIUMでは動画の配信もされているんですね。

部長が観た先週の動画もすでにアップロードされていたので、是非ご覧ください。

 

http://www.alba.co.jp/lesson/column/article?title_id=357&id=6648

しかし残り225ヤードを5番ウッドでグリーンオンとはさすがトッププロですね。

 

その解説の中でアマチュアゴルファー向けに説明されていたのですが、

アマチュアゴルファーはFWを打つときに球を上げようとか、飛距離を出したいとか、

余計なことを考えすぎている

そんなことは考えずに、

シンプルにフェースにコンタクトをすることだけを考える。(ミート率を上げる)

あとはフェースの角度通りに球は上がる。

という解説をされていました。たしかにそうかもですね。。笑

 

それからアシスタントの高柳さんに打つアドバイスとして、

左手の甲をフェース面にぶつけるイメージ

とアドバイスされてました。

ははぁ〜なるほどと。

それを受けて高柳さんもナイスショット!

さすが教え方も一流なのだなと感心させられましたね。

 

左手の甲の向きを意識することで、

左手でしっかり握る癖がつき、

クラブをリード、コントロールできるような感覚が身につくそうです。

 

最近部長も左手のグリップを意識して変えているので、非常に納得するアドバイスでしたね。

 

グリップ非常に大事です。

ゴルフシーズン本番の前にいいグリップを身につけましょう!

 

ゴルフが上達するグリップの握り方とは?

 

 

アドレスとグリッププレッシャーを変えたらスイングプレーンが改善!

ゴルフってすぐに変な癖がつくんですよね。。

なのでこまめに自分のスイングを動画で撮ってチェックするのがオススメです。

 

スコアアップにはスイング自撮りが絶対オススメ!

 

先日部長も前から気になっていたポイントを修正したところ、いろいろスイングが改善したので、

シェアしたいと思います。

まずはこれ3ヶ月くらい前の画像です。

アドレスを取った時はさほど問題ないように思えますが、

打つ直前に手の力みからこんなアドレスになっていたのです。

グリップを強く握りしめてしまい、ハンドダウンの状態でスイング始動する癖がついていました。。

一般に肩からダランと腕を垂らしてアドレスを取ると良いです。

肩から手のラインが一直線になるイメージですね。

これだと体側、内側に入りすぎてしまっています。

 

これは右手とクラブの角度を変えないという意識が強すぎてしまって、

結果ハンドダウンの状態を作り出してしまっていたのです。。

それによって右手の力みがテークバックでインサイドに引きすぎる動きに繋がっていたと思われます。

インサイドに引いてしまったクラブはトップからアウトに降りやすいです。

結果アウトサイドからカット軌道のスイングとなり、スライスやシャンクに繋がることが多いです。

 

先週そのことに気づいて、グリッププレッシャーを強く握らず、

できるだけ初めのアドレスを取った状態のままテークバックに入ることを意識したところ、、

 

テークバックでクラブがインサイドに入らなくなり、スイングプレーンもオンプレーンへと変化しました!

その後も同じ意識でショットを続けていくとなんとなくですが、

オンプレーンへとスイングが改善したおかげで、ダウンスイングで右ひじをしっかりたたむ感覚も掴めるようになってきました。

 

たった1つ変えるだけでこれだけ劇的に変わるものかと驚きましたね。

やはりアドレス大事です。みなさんもクラブ握りすぎてませんか?

ちょっとした意識変化でスイングが劇的によくなりますよ!

 

伸び悩んだ時は基本に立ち返ろうシリーズ〜アドレス編〜

 

伸び悩んだ時は基本に立ち返ろうシリーズ〜アドレス編〜

不定期に書きます「伸び悩んだ時は基本に立ち返ろうシリーズ」

今日は〜アドレス編〜です。

前回はグリップについて書きました。

伸び悩んだ時は基本に立ち返ろうシリーズ〜グリップ編〜

 

部長が考えるゴルフが上手い人の条件が3つあります。

1. グリップが綺麗

2. きちんとアドレスがとれる

3.スイングが綺麗

コレだと思います。

スイングが綺麗はなかなか難しいと思いますが、

グリップとアドレスが正確にできれば真っ直ぐ飛ぶ可能性が高いです。

前回はグリップを紹介したので、今日はアドレスですね。

ちなみに部長も以前アドレスについてこんな記事を書きました。こちらも参考にしてください。

ティーショットでターゲットに向かって構えるコツ

 

今日は最近ハマっている藤井誠ティーチングプロのレッスン動画からわかりやすい解説を見つけたので、

まずこちらをご覧ください。


動画の中ではわかりやすく図でも説明されています。

 

ボールとターゲット方向を結ぶ線から、ボールる中心に田んぼの田のようなマスを作ります。

ここで注意したいことは、多くのアマチュアはいきなり黄色のマスの部分に入りがち

これでは真っ直ぐ構えにくいそうです。

 

正しいアドレスの順序としては

1.ピンクのマスの中でフェースの向きをターゲット方向(スパット)に合わせる

2.そのままピンクのマスの中で右足をセット

3.最後に黄色のマスに左足を入れアドレスを構える

 

確かにそう言われてみると、プロのアドレスでいきなり黄色に入る人って少ないように思います。

これは是非次のラウンドから、いや練習場でもできるので、このルーティンを身に付けるようにしましょう!

インパクトでクラブヘッドを加速させる!

先日紹介した藤井誠ティーチングプロのレッスン動画を観ていたら

インパクトでクラブヘッドを加速させるコツというのを発見しました。

こちらです。

このやり方を簡単に説明すると、

トップからダウンスイングに入ったところで、

右肩の動きを停める

左肩をやや後ろに引く 

ことで、インパクトでクラブヘッドを加速させると解説してます。

なかなかイメージしづらいですが、てこの原理のようなイメージですかね。

 

確実に言えることは、

インパクトでクラブヘッドを加速させるのは手(腕)ではないということですね。

もちろん手も使うのですが、手に力を入れたり、腕をビュンと振ることではないという意味です。

 

以前こんな記事を書きました。

シャフトのしなりを感じて打てるようになるコツとは?

これも結果的にシャフトの逆しなりを生み出すことで、クラブヘッドの加速に繋がります。

 

部長もゴルフクラブを強く振れば球が強く飛ぶと思っている意識がまだどこかにあって、

こういう意識がクラブヘッドの加速を妨げてるんですよね。。

藤井誠プロのレッスン動画は自分の感覚に合うので、ちょっと感覚がつかめつつあります。

 

クラブを手(腕)で強く振るのではなく、

クラブをどう動かせば(体をどう動かせば)強い球が出るか?

ここをしっかりと理解してスイングしなければなりませんね!

 

伸び悩んだ時は基本に立ち返ろうシリーズ〜グリップ編〜

さて今日からいろいろ基本的な部分から立ち返って行こうと思います。

先日部長はラウンドレッスンでコーチからグリップの握りがややウィークなので、

右に出やすい、スライスしやすいという指摘をされました。

そして基本に戻ってグリップの握り方からやり直すことにしたのです。

 

以前グリップの記事を書いたことがあります。

ゴルフが上達するグリップの握り方とは?

こういった矯正器具を使って体になじませることもオススメですね!

 

ただ、人によって指の長さや、手のひらの大きさが違うので、器具をつかっても上手くフィットしない方もいると思います。

 

基本的な握り方を学ぶにはやはりプロから教わるのが一番だと思います。

最近ではYoutubeにレッスン動画が沢山あります。

日本語はもちろんですし、海外のティーチングプロのレッスン動画も充実しているので、ぜひいろいろ探してみてください。

 

部長も今回いろいろと探して見ました。

藤井誠ティーチングプロのレッスン動画が感覚的にわかりやすく説明されているので紹介します。

左手と右手のグリップを別々に解説されていてとてもわかりやすいですね!

 

部長的には左手のこの部分をしっかりとグリップに当てるというところが意外でした。

今まではそんなことを全く意識してなかったですね〜。

やはり基本が大事です。

藤井プロの基本のきシリーズは全部観ていくことで基本に立ちかえれそうですね!

1本1本も3分くらいと短く簡潔に解説されているのでとても観やすいですよ!

 

ゴルフレッスンを受けてみることにしてみた件

今年からゴルフレッスンを受けることにした部長です。

いや、正確に言うと3年くらい前にも半年くらいレッスンスクールに通いました。

その時はあんまり効果を感じられなかったので、徐々にフェードアウトしてしまいました。。

 

今思えばその頃の部長は「誰かに習えば上手くなる」と勘違いしていたんですね。

いや、当然習えば上手くなる人もいるんですが、ただダラダラとスクールに通っても上手くなりませんよね?

普段の練習でもそうですが、目的意識を持って取り組まなければ上達しづらいです。

3年前はただ、だらだらとスクールに通い、自分のゴルフをどう向上させるかに向き合っていなかったと思います。

 

その後自分で考えて、クラブ選びや練習方法などを変えることで、スコアアップに繋げることができました。

ではなぜまたレッスンに通おうと思ったかというと、、

 

以前はゴルフ練習場の打席に、スクール生がズラーと並んで、

1人のコーチが順々に見てその都度アドバイスするようなスタイルのところに通っていました。

 

今度のレッスンはラウンドレッスンメインのスクールです。

ハーフラウンドの前に1時間ほど練習をして、そしてラウンドレッスンを受ける形です。

なぜこのような形へ変えたかと言うと、、

 

ゴルフ練習場と実際のラウンドでは違う動きをしている

もしくは練習場では出ない悪いクセが実際のラウンドで出ているのではないかと感じたからです。

2つの異なる環境でスイングやクセをチェックしてもらいたいと思い、こういうスタイルでレッスンを受けることにしました。

 

早速先週初ののラウンドレッスンを体験してきました。

いや〜やはり人に見られているという意識があると緊張するというか、

いつもは出ないミスがボロッボロでました。笑

 

直前の練習ではけっこう調子よかったのですが、1ホール目で軽いシャンクが出ると、

5ホール目くらいまでボロボロでスコアも叩きまくりましたね。。笑

 

コーチ曰く、悪いところを見せてくれる方がよりレッスンがしやすくなると言っていました。

悪いクセや傾向がはっきり出た方が対策がしやすいということですね。

 

結局その日スイングを見てもらい、カット軌道が強く入りすぎていたため、右にミスが出ることが多いという結果でした。

これはグリップからしっかり直していく方が長期的にはいいだろうというアドバイスをいただき、

ヨシもう一度イチからやり直して行こうと気合が入りました。

 

ということでこのブログでもゴルフの基本かつ重要のポイントを次回から紹介していきたいと思います。

ということで初回はグリップ編です!

ゴルフレッスンを受けることで得られるメリットとは?

みなさんゴルフレッスンって受けたことありますか?

部長は今年からレッスンを受けてみようと思っています。

 

ではレッスンを受けることでどういうメリットが得られるか?

いろいろ考えてみたいと思います。

 

まずはこれが第一ですね。

ゴルフの腕が上達する

やはり上達には自分より上手な人に教わるのが一番です。

過去に部活動をされていた方はわかると思いますが、コーチや先輩から教わると上達も早いです。

また、コーチもいろいろなレッスン方法を知っているので、自分の今の現状にマッチしたドリルなどを教えてくれます。

 

 

ゴルフに詳しくなる

ゴルフの上達にも似ているかもしれませんが、ゴルフをより詳しく知ることができます。

たとえばゴルフのルールや、ゴルフクラブや道具に関することもレッスンを受ける中でコーチの話の中にでてきます。

今まではゴルフ雑誌などを読んでも意味がわからなかった言葉や感覚が、

レッスンを受けることでその理解度が深まります。

言ってみればゴルフ脳がアップするというような感じでしょうか。

 

 

仲間ができる

同じ趣味を楽しむ仲間ってなかなかいないと思いますが、

レッスンスクールなどに通うと、そこのコンペなどがありますので、新しいゴルフ仲間ができます。

特にゴルフは年代が幅広いので、普段出会うことのない世代ともゴルフを通じて交流することができます。

レベルの高いゴルファーとラウンドすることでモチベーションアップにも繋がります。

 

と言う感じでゴルフレッスンを受けるメリットはたくさんありますので、

ゴルフの上達だけではなく、楽しくゴルフを続けていきたいと考えている方にもオススメですよ!

 

片山晋吾プロに学ぶ普段の練習に欠かせない道具とは?

年始のバタバタでブログ更新ができてませんでした。。

しかし寒いですね〜。今週は寒くて天候が荒れ気味なので、平日の練習ラウンドができなさそうです。。

 

さてそういう時は練習場でしっかり練習をしたいところですね。

しかし、ただだらだらとボールを打つだけでは上達しないのがゴルフです!

ではプロはどういう練習をしているのかというと、

こちらの画像を見てみてください。

 

片山晋吾プロの練習風景です。

なにやらボール以外にもいろいろ道具がありますね〜。

両肘にボール

方向確認用のアライメントスティック

インパクトで手の浮き上がり防止用のスティック

プレーン確認用の黄色いボード

毎日練習されているプロでもすぐにスイングが変わってしまう。

なのでプロの方はこれくらいスイング矯正環境の中でトレーニングされているんですね。

こういう練習をしておけば毎回同じ様なスイングができるのだと思います。

 

これはアマチュアも当然真似すべきですね。

プロだから高い道具を使っているというわけではありません。すべて安価で揃ってしまいます。

 

まず両肘のボールこれはこれですね。

プロが使っている道具なのに2,000円弱と安いので部長もただいま速攻で買ってしまいました。笑

 

アライメントスティックはこれ

こちらも1,000円ちょっとなんで安いです。

 

インパクトで手の浮き上がり防止用のスティックは使ってないクラブのシャフトを挿してるだけっぽいんですよね。

これは不要のシャフトか、アライメントスティックでも併用できそうですね。

ただキチンとした器具が欲しいという人はこちらがオススメです。

 

最後にプレーン確認用の黄色いボードですが、

これ以前マーク金井氏のアナライズストアで販売されていたものなんですよね。

ストアのブログを担当しているT島氏のブログに記事がありました。

たしか送料込みで5,000円ちょっとだっと思いますが、もう今は販売していないようですね。。。

簡単な作りみたいなので、自作するのもいいですね。

 

ゴルフクラブも大事ですが、プロを真似てこういった練習器具を取り入れる方がスイング安定には近道だと思います。

ぜひ皆さんも試してみてください!

部長は肘に挟むボールのシンプルマスターCB M-510を買ってみたので、届いたらまたレポートしたいと思います!

賞金女王、鈴木愛プロが伝授するパッティングのコツとは?

今年も残り少なくなりましたね。

さて、今年の女子ツアー賞金女王の鈴木愛プロ。

彼女の得意としているのがパットですね。

 

2017年のツアー成績を調べてみると、平均パットがなんと1.758!

堂々の2位の成績を残しています。

パットイズマネーで賞金女王もゲットしてということですね。

 

いつものようにRingolfを観ていたら、鈴木愛プロがパットのコツを解説されていたので、

じっくり観入ってしまいました。

こちらですね。

 

鈴木愛プロが伝授するパッティング上手になるコツですが、

 

・膝はほんのり曲げる程度

・テークバックは気にしない

・ ヘッドをパットラインに向かって真っ直ぐ出すだけ

 

だそうです。

テークバックは無視って断言されてました!

とにかく、ヘッドを真っ直ぐ出す、出球を気にする(パットラインに乗っているか)とのことです。

 

教え方が特徴的でしたね。

ピンを使ってカップへのライン出しをされていました。

このライン通りにフォローでヘッドを打ち出しなさいということみたいです。

こういう方法で教えられるととてもわかりやすいですね。

こんな練習道具がないか探してみます。なかったら自分で作ります。笑

 

ちなみにレッスンされている方は、自分の思っている真っ直ぐのラインと違っていてびっくりされていました。

そう、ゴルフってここが難しいんですよね。。

自分が思っている真っ直ぐが真っ直ぐじゃない問題

ですね。。笑

 

ではどうやると真っ直ぐのラインをアドレスでとりやすいかも動画で解説されていますが、

①後ろからラインを確認

②その後すぐにアドレスを取る

ことが重要だそうです。

この①と②の間にアドレスの近いところで素振りとかしてると、ちょっとラインがずれたりするそうです。

 

なので、鈴木愛プロは後方からラインを観ながら素振り、

その後アドレスに入るというルーティンでパットをされていました。

というかドライバーとかアイアンとかも同じルーティンでしたね。

 

 

プロの練習方法をしっかり取り入れてスコアアップに繋げていきましょう!