飯合肇プロが教えるアプローチのコツとは?

ゲームの決断〜ゴルフ宮里道場PREMIUMのゲストが先月から飯合肇プロでした。

日本初のレギュラー / シニア両ツアーの賞金王ということもあって非常に勉強になりました。

 

その中で先週の放送ではPAR5などのセカンドショット、それからアプローチを上手に打つコツなどを解説されていました。

今気づいんたんですが、ゲームの決断〜ゴルフ宮里道場PREMIUMでは動画の配信もされているんですね。

部長が観た先週の動画もすでにアップロードされていたので、是非ご覧ください。

 

http://www.alba.co.jp/lesson/column/article?title_id=357&id=6699

 

その解説の中でアマチュアゴルファー向けに説明されていたのですが、

アマチュアゴルファーはピンにできるだけ寄せたいという気持ちが強すぎる。

そうではなく、ピンを中心に半径3m、直径6mの円の中に入れば1パットのチャンスになると解説されています。

目標を狭く絞り込まずに、カップから半径3mに寄ればOKと考える

ことが重要だそうです。

 

確かに部長もピンばかり気にしています。。笑

でも3mとかなかなか寄らない時も多いです。。

ターゲットを絞りすぎず、より大きな的として考えればミスの軽減にも繋がりますね!

 

またこれはアプローチだけでなく、セカンドショットにも使える大事な考え方だと思います。

セカンドでもやはりピンポジションを見て目標と設定すると思います。

しかしより大きな的を目標に、たとえばグリーン全体を1つのターゲットにする、

もしくはグリーンよりもう一回り大きな円をイメージしても良いですね。

そうすることでプレッシャーが軽減され、大きなミスを減らすことができます。

こうすることで1打スコアアップに繋がっていくと思います。

 

部長も次回のラウンドからこのあたりの意識を変えてプレーして見たいと思います!

 

↓スコアップに直結するギアはコレ!レーザー距離計!

 

平均スコア-5打!スコアアップにかかせないゴルフギアはコレ!!

飯合肇プロが教えるFWを上手に打つコツとは?

ゲームの決断〜ゴルフ宮里道場PREMIUMのゲストが先月から飯合肇プロでした。

日本初のレギュラー / シニア両ツアーの賞金王ということもあって非常に勉強になりました。

 

その中で先週の放送ではPAR5などのセカンドショット、主にフェアウェイウッドで上手に打つコツなどを解説されていました。

今気づいんたんですが、ゲームの決断〜ゴルフ宮里道場PREMIUMでは動画の配信もされているんですね。

部長が観た先週の動画もすでにアップロードされていたので、是非ご覧ください。

 

http://www.alba.co.jp/lesson/column/article?title_id=357&id=6648

しかし残り225ヤードを5番ウッドでグリーンオンとはさすがトッププロですね。

 

その解説の中でアマチュアゴルファー向けに説明されていたのですが、

アマチュアゴルファーはFWを打つときに球を上げようとか、飛距離を出したいとか、

余計なことを考えすぎている

そんなことは考えずに、

シンプルにフェースにコンタクトをすることだけを考える。(ミート率を上げる)

あとはフェースの角度通りに球は上がる。

という解説をされていました。たしかにそうかもですね。。笑

 

それからアシスタントの高柳さんに打つアドバイスとして、

左手の甲をフェース面にぶつけるイメージ

とアドバイスされてました。

ははぁ〜なるほどと。

それを受けて高柳さんもナイスショット!

さすが教え方も一流なのだなと感心させられましたね。

 

左手の甲の向きを意識することで、

左手でしっかり握る癖がつき、

クラブをリード、コントロールできるような感覚が身につくそうです。

 

最近部長も左手のグリップを意識して変えているので、非常に納得するアドバイスでしたね。

 

グリップ非常に大事です。

ゴルフシーズン本番の前にいいグリップを身につけましょう!

 

ゴルフが上達するグリップの握り方とは?

 

 

ちょっとした意識で球筋が変わる(スライスからドローボールへ)

先週末のラウンドで久々に100を叩いてしまって凹んでいる部長です。。

まあスコアは仕方がないなと思っていたのですが、

最近レッスンに通い出してからはスライスが割と出なくなっていたのですが、

週末のドライバーはスライスが頻発していたので凹んでいる次第です。笑

 

ちょっと練習に取り組むモチベーションが低下していましたが、ここで挫けている暇はありません。

部長なりにレッスンで習ったことを思い返しながら何が悪かったかを考えてみました。。

ちなみにレッスン1ヶ月で習った記事がこれですね。

レッスンに通って変わったこと(レッスン開始1ヶ月後)

 

まあ週末のラウンドでは変わった姿はなかったんですがね。笑

 

レッスンに通い出して一番初めにアドバイスを受けたのがアドレスの構え方でした。

まずハンドファーストの構えに変えました。

それからボールとの距離ですね。

 

週末のラウンドではそこを意識して取り組みましたが、スライス頻発でした。

ではなぜか?を考えてみたのです。

 

きちんとアドレスではドローボールが出るように構えられているのに、球はスライスしていく。

スライスしていくということはカット軌道にスイングしています。

 

アドレス→OK

軌道→❌

ということはこれはもう手で無理やりカット軌道を作り出していると考えたのです。

今思い返してみると、スライスが出るときは右手で押し込んだり、

飛ばそうと手首を返す動きが強かったように思います。

 

せっかくアドレスで正しい構えが出来ていても、その軌道を手の動きで邪魔をしていては意味がありません。

そこで意識を変えて、今日ラウンドレッスンに臨んでみました。

 

何を変えたかというと。

正しいアドレス(構え)を取る

スイング中に腕の力やグリッププレッシャーを変えずに、

ただ体を回転させる

という意識でスイングするようにしてみました。

 

以前はトップからの切り返しやインパクトで腕や手に力が入り気味でしたが、

そういったところの力加減を一切変えない意識で、

ただ体を回転させることに集中してみたのです。

 

すると面白いように球がつかまり、ドローボールが出るようになりました。

時々ひっかけのミスは出ますが、今日はスライスは全く出ませんした。

 

コーチ曰く、部長にはその意識が合っているのだろうと言っていたので、

人によって感覚の差があるのがゴルフみたいですね。

 

このようにちょっとしたきっかけで球筋が劇的に変わることに驚かされました。

これが定着するといいのですが、スライサーに戻らないように意識を持ち続けたいと思います!

皆さんも是非試してみてくださいね!

ゴルフ侍、見参!対決レビュー!大庭長人プロ(2018年2月25日放送)

いや〜平昌オリンピック素晴らしかったですね〜。

あっと今の2週間でしたがトップアスリート達の闘いにとても興奮されられました!

 

先週3ヶ月ぶりに18ホールのラウンドに行ったのですが、

スイングをイジられてるせいもあってか、ここ1年ではワーストスコアで普通に100叩きの刑にあってしまいました。。

うーんまあ今までの自分の感覚を壊されているので、今はしばし我慢ですね。。

 

週末のゴルフ侍を観てモチベーション回復を試みております。笑

ということで恒例のマッチレビューですね!

まあいつものごとく結果が出ちゃってますが、その辺りは気になさらずに!

 

今回の侍は

ゴルフ歴28年

ハンディキャップ3

ベストスコア67

ドライバー平均飛距離270y

とても49歳には見えないほど若々しいルックスを持ちながら、ハンディ5というおそるべし侍です!

 

対戦する大庭長人プロはチームセリザワゴルフアカデミーではレッスンプロとしても活躍されています。

とても謙虚な物腰で終始和やかムードでのラウンドでした!

 

実際のスコアはこんな感じでしたね。

黄色の部分は勝負のアリでスコアが確定していない部分です!

 

展開は若さと飛距離で勝る侍が終始リードしていく展開でしたね。

やはり飛距離で差がつけられるとプロといえども難しいということですね。

 

侍の山科さんはアマチュアの大会で日本代表として出られたこともあるとか。

流石に腕前は素晴らしかったです。

飛距離のアドバンテージをしっかりパーオンへと繋げていましたね。

150yくらいの距離はほぼグリーンを捉えていました。

パットもタッチがしっかりと合っており、今まで観た侍の中でも安定感のあるプレーをしておられました。

山科さんは冒頭のインタビューでフルショットをしないと話していましたので、

そういったプレースタイルがよいスコアをキープする秘訣かもしれませんね!

 

対する大庭プロは、4ホールでASに戻したものの、

直後の5ホール目でティショットを右に曲げてOB。

この悪い流れを断ち切ることができず1ホールを残して敗北となりました。

 

今回の対決で思ったのは、やはりプロに勝つにはパープレーが必要

そのためにはパーオン。

そのためにはティーショットでフェアウェイキープ

やはりこれに尽きるのかなと思います。

 

もちろん寄せワンでパーを取っても同じパーなのですが、

今回の侍のプレーを観ていると、パーオンすることで余裕を持ってパットに臨まれていたと思います。

この余裕こそがマッチプレーで優位に立つことができ、かつ安定したプレーに繋がっていたと思います。

 

部長はまだまだこのレベルにはないので、

90を安定して切るにはボギーープレーが必要

そのためにはボギーオン。

そのためにはティーショットで OBを打たない

やはりこれに尽きるのかなと思いました!

 

いやーしかし今年に入ってゴルフ侍の対決は

8戦中侍が4勝

という素晴らしい成績をおさめています!

このまま続いて欲しいですね!

レッスンに通って変わったこと(レッスン開始1ヶ月後)

ソチオリンピックも今週末で終わってしまいますね。

これまでで一番冬季オリンピックにハマった部長です。

最後まで日本のメダルを期待して応援を続けたいと思います!

 

さて部長は今年からゴルフレッスンに通いはじめました。

ラウンドレッスンがメインですが、まずこの1ヶ月で変わったことをまとめておきたいと思います。

 

一番大きな変化が、スライスが出づらくなった。という点ですね。

出づらくなっただけで時々でます。笑

しかしそれ以上に驚いたことが、ドローボールが出るようになったことです。

今までドローボールなんてたまたま出ることはあっても、意識して出せなかったのですが、

最近はいいスイングができた時はドローボールです。

これはドライバーでもアイアンでも同じですね。

週1回だけですが、レッスンを受けただけでこれだけ変化するとは思いませんでした!

 

では部長はこの1ヶ月でどんなアドバイスを受けたのかを紹介しておきたいと思います。

同じくスライスに悩んでいる方は参考にされてください。

 

まずこれです。

アドレスでハンドファーストに構える

これは以前ブログに書きましたね。

ゴルフレッスンでスライスがドローボールへ

ハンドファーストにアドレスを構える。

そしてそのまま形を維持するイメージで体を回転させていく感じです。

ハンドファーストを維持したままインパクト迎えることで球を捕まえることができます。

 

次にこれです

テークバックでクラブをアウトに上げる

これは部長の悪い癖だったのですが、

テークバックでインサイドに引きすぎる癖がありました。それも最初の頃に指摘されましたね。

テークバックでインサイドに引いてしまうと、トップからカット軌道でクラブが降りて来やすいです。

そうなるとスライスの原因になってしまいます。

 

これはクラブを手で上げるというより、アドレス、グリップ、グリッププレッシャーを変えれば、

自然とアウトから上がりやすくなります。

アドレスとグリッププレッシャーを変えたらスイングプレーンが改善!

 

最後にこれです。

自分とボールとの立ち位置を意識する

これも上記の記事で微妙に触れていますが、

部長は以前はボールと近い位置に立っていました。

 

重要なのは

アドレスで前傾をして、腕をダランと下げた位置でグリップを握る

そうするとボールとの正しい距離を保つことができるということです。

 

ちなみに藤井誠プロのレッスン動画でもそのことの重要性を説明されています。

 

大きくこの3つの意識を変えることをアドバイスされました。

 

そしてスライスだったボールがドローへと変化していったのです。

まあ半分は引っ掛けみたいなフックですが。。笑

そして球筋も安定していないので、スコアアップにはまだまだ時間がかかりそうです。。

 

しかしこれまで10年くらい我流でしみついた球筋が、たったこの3つだけで変化したのは本当に驚きました!

コーチもアドレスを少し変えただけでこんなに球筋に変化が出るのかとびっくりされてました。笑

まあこのポイントが部長のスイング改善ポイントとして適していたということかもしれません。

 

重要なのは自分に合った方法論を見つけることですので、

皆さんもいろいろと試してみてくださいね!

アドレスとグリッププレッシャーを変えたらスイングプレーンが改善!

ゴルフってすぐに変な癖がつくんですよね。。

なのでこまめに自分のスイングを動画で撮ってチェックするのがオススメです。

 

スコアアップにはスイング自撮りが絶対オススメ!

 

先日部長も前から気になっていたポイントを修正したところ、いろいろスイングが改善したので、

シェアしたいと思います。

まずはこれ3ヶ月くらい前の画像です。

アドレスを取った時はさほど問題ないように思えますが、

打つ直前に手の力みからこんなアドレスになっていたのです。

グリップを強く握りしめてしまい、ハンドダウンの状態でスイング始動する癖がついていました。。

一般に肩からダランと腕を垂らしてアドレスを取ると良いです。

肩から手のラインが一直線になるイメージですね。

これだと体側、内側に入りすぎてしまっています。

 

これは右手とクラブの角度を変えないという意識が強すぎてしまって、

結果ハンドダウンの状態を作り出してしまっていたのです。。

それによって右手の力みがテークバックでインサイドに引きすぎる動きに繋がっていたと思われます。

インサイドに引いてしまったクラブはトップからアウトに降りやすいです。

結果アウトサイドからカット軌道のスイングとなり、スライスやシャンクに繋がることが多いです。

 

先週そのことに気づいて、グリッププレッシャーを強く握らず、

できるだけ初めのアドレスを取った状態のままテークバックに入ることを意識したところ、、

 

テークバックでクラブがインサイドに入らなくなり、スイングプレーンもオンプレーンへと変化しました!

その後も同じ意識でショットを続けていくとなんとなくですが、

オンプレーンへとスイングが改善したおかげで、ダウンスイングで右ひじをしっかりたたむ感覚も掴めるようになってきました。

 

たった1つ変えるだけでこれだけ劇的に変わるものかと驚きましたね。

やはりアドレス大事です。みなさんもクラブ握りすぎてませんか?

ちょっとした意識変化でスイングが劇的によくなりますよ!

 

伸び悩んだ時は基本に立ち返ろうシリーズ〜アドレス編〜

 

ゴルフレッスンでスライスがドローボールへ

今年2回目のレッスン&ラウンドレッスン行ってきました。

2週間ぶりですね。

毎週通おうと思っているのですが、先週はかなりの寒波で断念しました。。

また明日から寒くなるそうですね。。早く暖かくなってほしいもんです。。

 

前回グリップを指摘されたので、その後は修正の毎日です。

グリップは上達する上で最も重要と行っても過言ではないので、皆さんもしっかり正しいグリップを身につけましょう。

伸び悩んだ時は基本に立ち返ろうシリーズ〜グリップ編〜

 

今回は2回目でしたので、コーチも早速部長の癖を見破ってきてました。

さすがです。というか当たりまえですね。。

 

部長はテークバックでインサイドに引きすぎるクセが最近あります。

矯正しようといろいろドリルをしているのですが、無意識にやはり出るんですよね。。

 

あとはアドレスでのクラブの位置ですね。

もともと部長はこういう感じで構えていました。

体から真っ直ぐにシャフトが伸びる感じですね。

しかし実際はこうだとアドバイスを受けました。

ちょっと極端に構えていますが、よりハンドファーストに構えるイメージですね。

若干フェースもクローズ気味です。

部長がミスする時はだいたいスライス系の球が出ます。

以前の構え方だとその傾向が出やすいそうです。

 

正しいアドレスに変更した時はやはり気持ちが悪かったですね。。

ただ確かにこの構え方の方がボールが捕まりますし、ドローやフックが出やすくなりましたね。

アドレスを矯正している時も思いましたが、振り方は変えずに構え方を変えるだけでこんなに変わるのかとびっくりしました。

 

やはりコーチについて見てもらうと、問題点がはっきりとして良いですね。

それに対する対策も教えてもらうので自分でもスッキリして練習に取り組めます。

 

部長の場合は練習場でのレッスンとラウンドレッスンを同じコーチにお願いしています。

このパターンの方がオススメです。

実際の出やすいミスの傾向を踏まえてラウンドレッスンをしてもらえるので、

問題点に気づいてもらいやすいと思います。

 

あとはこれが結果につながるといいのですが。。

その辺はまたレポートしますね!

 

伸び悩んだ時は基本に立ち返ろうシリーズ〜アドレス編〜

不定期に書きます「伸び悩んだ時は基本に立ち返ろうシリーズ」

今日は〜アドレス編〜です。

前回はグリップについて書きました。

伸び悩んだ時は基本に立ち返ろうシリーズ〜グリップ編〜

 

部長が考えるゴルフが上手い人の条件が3つあります。

1. グリップが綺麗

2. きちんとアドレスがとれる

3.スイングが綺麗

コレだと思います。

スイングが綺麗はなかなか難しいと思いますが、

グリップとアドレスが正確にできれば真っ直ぐ飛ぶ可能性が高いです。

前回はグリップを紹介したので、今日はアドレスですね。

ちなみに部長も以前アドレスについてこんな記事を書きました。こちらも参考にしてください。

ティーショットでターゲットに向かって構えるコツ

 

今日は最近ハマっている藤井誠ティーチングプロのレッスン動画からわかりやすい解説を見つけたので、

まずこちらをご覧ください。


動画の中ではわかりやすく図でも説明されています。

 

ボールとターゲット方向を結ぶ線から、ボールる中心に田んぼの田のようなマスを作ります。

ここで注意したいことは、多くのアマチュアはいきなり黄色のマスの部分に入りがち

これでは真っ直ぐ構えにくいそうです。

 

正しいアドレスの順序としては

1.ピンクのマスの中でフェースの向きをターゲット方向(スパット)に合わせる

2.そのままピンクのマスの中で右足をセット

3.最後に黄色のマスに左足を入れアドレスを構える

 

確かにそう言われてみると、プロのアドレスでいきなり黄色に入る人って少ないように思います。

これは是非次のラウンドから、いや練習場でもできるので、このルーティンを身に付けるようにしましょう!

インパクトでクラブヘッドを加速させる!

先日紹介した藤井誠ティーチングプロのレッスン動画を観ていたら

インパクトでクラブヘッドを加速させるコツというのを発見しました。

こちらです。

このやり方を簡単に説明すると、

トップからダウンスイングに入ったところで、

右肩の動きを停める

左肩をやや後ろに引く 

ことで、インパクトでクラブヘッドを加速させると解説してます。

なかなかイメージしづらいですが、てこの原理のようなイメージですかね。

 

確実に言えることは、

インパクトでクラブヘッドを加速させるのは手(腕)ではないということですね。

もちろん手も使うのですが、手に力を入れたり、腕をビュンと振ることではないという意味です。

 

以前こんな記事を書きました。

シャフトのしなりを感じて打てるようになるコツとは?

これも結果的にシャフトの逆しなりを生み出すことで、クラブヘッドの加速に繋がります。

 

部長もゴルフクラブを強く振れば球が強く飛ぶと思っている意識がまだどこかにあって、

こういう意識がクラブヘッドの加速を妨げてるんですよね。。

藤井誠プロのレッスン動画は自分の感覚に合うので、ちょっと感覚がつかめつつあります。

 

クラブを手(腕)で強く振るのではなく、

クラブをどう動かせば(体をどう動かせば)強い球が出るか?

ここをしっかりと理解してスイングしなければなりませんね!

 

伸び悩んだ時は基本に立ち返ろうシリーズ〜グリップ編〜

さて今日からいろいろ基本的な部分から立ち返って行こうと思います。

先日部長はラウンドレッスンでコーチからグリップの握りがややウィークなので、

右に出やすい、スライスしやすいという指摘をされました。

そして基本に戻ってグリップの握り方からやり直すことにしたのです。

 

以前グリップの記事を書いたことがあります。

ゴルフが上達するグリップの握り方とは?

こういった矯正器具を使って体になじませることもオススメですね!

 

ただ、人によって指の長さや、手のひらの大きさが違うので、器具をつかっても上手くフィットしない方もいると思います。

 

基本的な握り方を学ぶにはやはりプロから教わるのが一番だと思います。

最近ではYoutubeにレッスン動画が沢山あります。

日本語はもちろんですし、海外のティーチングプロのレッスン動画も充実しているので、ぜひいろいろ探してみてください。

 

部長も今回いろいろと探して見ました。

藤井誠ティーチングプロのレッスン動画が感覚的にわかりやすく説明されているので紹介します。

左手と右手のグリップを別々に解説されていてとてもわかりやすいですね!

 

部長的には左手のこの部分をしっかりとグリップに当てるというところが意外でした。

今まではそんなことを全く意識してなかったですね〜。

やはり基本が大事です。

藤井プロの基本のきシリーズは全部観ていくことで基本に立ちかえれそうですね!

1本1本も3分くらいと短く簡潔に解説されているのでとても観やすいですよ!