片山晋吾プロ愛用「シンプルマスターCB」使用レビュー

先日の記事で取り上げた「シンプルマスターCB」の使用レビューです。

片山晋吾プロに学ぶ普段の練習に欠かせない道具とは?

片山晋吾プロも使っている練習器具が2,000円弱と安いので速攻ポチりました。

皆さんもどうぞ↓

 

開封して見るとこんな感じでした。

アマゾンのレビューにもありましたが、ボールを膨らますのが難しいらしいです。

早速チャレンジです。

なんとか膨らませることができましたが、確かに難しいです。

付属のストローで空気を吹き込みつつ、さっと栓をしないとすぐにしぼんでしまいます。。。

パンパンに膨らますのは至難の技っぽいです。笑

 

早速使ってみました。

肘と胸の3点で固定するのがコツみたいです。

すごく簡単な作りですが、しっかり支えてスイングしないとすぐにボールが外れてしまいます。。

これがしっかりできるようになると、体と腕が連動したボディターンを会得することができそうです!

 

まあぶっちゃけ100円ショップで素材探してきて似たようなものは作れそうですが、

ボールのサイズといい、ストラップの長さといい、ちょうど良いのでこれはこれで満足ですね。

 

今年は必ずスコアアップしたいと思っているアナタ!

たった2,000円弱でスイング安定すること間違いなしですよ!

 

 

プレーン確認用からアウトサイドイン矯正器具へ変身!

昨日の記事の続編です。

片山晋吾プロが欠かせない練習器具「プレーンくん」を作ってみた

昨日はスイングプレーンを確認するための練習器具「プレーンくん」の制作記事を書きました。

結局部長はアンダー星人(ダウンスイングでクラブがプレーンより下に入る人)ではなかったので、

練習器具としてあんまり意味がなかったでした。笑

 

せっかく作ったので何か別の練習方法に取り入れたいと思います。

部長はダウンスイングでクラブがアウトサイドインに振るスイングをしているので、

これを矯正する練習器具にしたいと思います。

 

ジャン!

名付けて「ウォール(壁)くん」

ダウンスイングでクラブがアウトサイドインに降りてくる人は、こういう壁というか、箱でも何でもいいので、

ボールの奥にセットして、このウォールくんに当たらないようにスイングするドリルをしましょう。

こうすることで、奥への突っ込みが軽減され、クラブがインサイドから降りやすくなります。

 

また部長はテークバックでインサイドに引きすぎる癖があるので、

それを矯正するためにこんな感じで黄色いボールを置きます。

そしてテークバックでクラブを真っ直ぐ引いて、黄色のボールに当たらないように意識します。

こうすることでよりオンプレーンスイングに近づけることができます。

 

こうしたスイングを整えるためのドリルは初めはウェッジなどの短いクラブで、

そしてスイングの振り幅もハーフショットくらいから始めて行きましょう。

慣れてきたら1番手クラブを上げて行くようなイメージでスイングを体に覚えさせていくといいと思います。

 

こういった練習器具は持ち運びしやすいので、練習場でも使用してしっかりスイング作りをすることをオススメします!

片山晋吾プロが欠かせない練習器具「プレーンくん」を作ってみた

昨日の記事の続編です。

片山晋吾プロに学ぶ普段の練習に欠かせない道具とは?

昨日は片山プロの練習風景から学ぼうという記事を書きました。

ここでスイングプレーン確認用の黄色いボードを紹介したのですが、

「プレーンくん」という名前でアナライズから実際に売られていた商品です。

今は完売したようで、もう販売されていないようです。。

 

ということでゴルフ部部長自ら製作してみることにしました!

見た目から簡単な作りっぽいのでなんとかできそうです。笑

 

もともとプレーンくんは、ダウンスイングでスイングプレーンの下側にクラブが入ってこないように矯正するためのものです。

なのでスイングプレーンは人それぞれ違うので、ボードの角度が変えれるようにしなければなりません。

 

とりあえずダイソーに行って良い素材がないか物色して早速作ってみました。

出来上がったのがコレです。

なんと制作費216円です!

A3のアクリルボードを半分に切って貼り合わせ、

スマホスタンドにテープで固定しました。

意外と簡単にできてしまいました。笑

 

アドレスを取ってみるとこんな感じです。

ボードの支えの部分が若干心もとないですが、安い割には意外と安定感あります。

さすがのダイソークオリティ!笑

 

これでダウンスイングでボードに触れなければ、プレーンより下側にクラブが入っていないことになります。

 

何度か打って見るのですが、全然ボードに当たる気配ないです。。

「うーんさすが部長のスイングは完璧だぜ!」

というか、よく考えてみたら、部長はダウンスイングで若干アウトサイド気味にクラブが入っているので、

プレーンくんに当たりにくいスイングしています。

 

どうやら部長はプレーンくんが必要なかったようです。。。笑

 

ダウンスイングでプレーンより下側に入りやすい方はぜひ自作してください。。

 

片山晋吾プロに学ぶ普段の練習に欠かせない道具とは?

年始のバタバタでブログ更新ができてませんでした。。

しかし寒いですね〜。今週は寒くて天候が荒れ気味なので、平日の練習ラウンドができなさそうです。。

 

さてそういう時は練習場でしっかり練習をしたいところですね。

しかし、ただだらだらとボールを打つだけでは上達しないのがゴルフです!

ではプロはどういう練習をしているのかというと、

こちらの画像を見てみてください。

 

片山晋吾プロの練習風景です。

なにやらボール以外にもいろいろ道具がありますね〜。

両肘にボール

方向確認用のアライメントスティック

インパクトで手の浮き上がり防止用のスティック

プレーン確認用の黄色いボード

毎日練習されているプロでもすぐにスイングが変わってしまう。

なのでプロの方はこれくらいスイング矯正環境の中でトレーニングされているんですね。

こういう練習をしておけば毎回同じ様なスイングができるのだと思います。

 

これはアマチュアも当然真似すべきですね。

プロだから高い道具を使っているというわけではありません。すべて安価で揃ってしまいます。

 

まず両肘のボールこれはこれですね。

プロが使っている道具なのに2,000円弱と安いので部長もただいま速攻で買ってしまいました。笑

 

アライメントスティックはこれ

こちらも1,000円ちょっとなんで安いです。

 

インパクトで手の浮き上がり防止用のスティックは使ってないクラブのシャフトを挿してるだけっぽいんですよね。

これは不要のシャフトか、アライメントスティックでも併用できそうですね。

 

最後にプレーン確認用の黄色いボードですが、

これ以前マーク金井氏のアナライズストアで販売されていたものなんですよね。

ストアのブログを担当しているT島氏のブログに記事がありました。

たしか送料込みで5,000円ちょっとだっと思いますが、もう今は販売していないようですね。。。

簡単な作りみたいなので、自作するのもいいですね。

 

ゴルフクラブも大事ですが、プロを真似てこういった練習器具を取り入れる方がスイング安定には近道だと思います。

ぜひ皆さんも試してみてください!

部長は肘に挟むボールのシンプルマスターCB M-510を買ってみたので、届いたらまたレポートしたいと思います!

今年やってスコアップに繋がったゴルフ練習ドリルまとめ(2017年)

先日書いたまとめ記事が意外と評判がいいみたいなので、

今日も今年のまとめ記事を書いてみたいと思います。

とりあえずこちらもどうぞ。

今年買ってスコアップに繋がったゴルフ練習器具まとめ(2017年)

 

ということで今日は今年やってスコアップに繋がったゴルフ練習ドリルまとめですね。

まあ絶対にコレやっとけばってのはないですけど、部長的にハマった練習方法ですね。

 

まずはこれ、

「片手打ち」

ですね。

片山晋呉プロの書籍でも自身の練習方法として紹介されています。

片手打ちの効果としては、、

・手打ちの矯正

・正しいインパクト作り

 

ではじゃあどうやって打てばいいのか?

片山プロが解説している映像はないのですが、

片山プロに教わっている飯島茜プロが片手打ちを紹介している動画がありますので、こちらをごらんください!

片手打ちの注意点

・手先や腕を使いすぎない

・ゆっくり振る

・右手打ちの時は手首の角度をキープする

以上の点に注意しましょう!

 

 

次にこれ

「ウェッジのアプローチ(15ヤード)」

まずはこの動画を観てみてください。

片山晋呉「俺、マジでこの練習しかやってないわ」

 

この動画で片山プロがやっているのが、

ウェッジのアプローチです。

 

え?それだけでいいのと思うかもしれませんが、

ツアー30勝、永久シード権を持つ片山プロが行っているので間違いないでしょう。

 

詳しい解説記事も書いているので、こちらもあわせて読んでみてください!

これだけやればゴルフは上手くなる

 

最後はこれです。

足閉じドリル

簡単に説明すると、両足を閉じてスイングすることですね。

これも動画をみてもらった方が早いと思います。

 

部長は以前ワンポイントレッスンを受けた時に、

上半身の力みが目立っていたので、下半身リードのスイングへと変えるために足閉じドリルを勧められました。

ちなみに部長はドライバーではなく、アイアンでこのドリルやってます。

ポイントとしては、

・上半身でクラブを持ち上げない

・下半身リードでスイングを始動する  

 

これを何度かやっていると、上半身や、手の力を使ってボールに当てようとしなくとも、

しっかりと球を捉えることができ、下半身の力が伝わった強い球を打てるようになります。

それからフェースターンもしっかりと覚えられるようになると、スライス克服にもつながります。

 

こうやって今年ハマった練習方法を思い返してみると、すごく地味なドリルが多いですね。笑

それから動きが小さいドリルばかりです。

 

片山晋呉プロも動画で解説されていますが、

スイングの基本は全て同じだそうで、時計の針で言うと9時から3時までの間のスイングが重要だそうです。

この9時から3時までのスイングをきちんとできればどのクラブも応用可能という理論です。

 

小さな動きでもしっかりとクラブのしなりを使えるようになると、

振り幅が大きくなっても安定したスイングができるようになるはずです。

 

 

以前、マーク金井氏にもワンポイントレッスンを受けて時に言われた言葉がとても印象に残っています。

 

「(ボールを)強く打たなくていい、強くなるように打てばいい」

これは上半身の力でクラブを振ってボールに当てるのではなく、

クラブのしなりや、下半身を使って結果強い力が発生するスイングを覚えなさい、

という意味だったのだろうと部長は思っています。

 

頭では解っていても、なかなか上手にならないのがゴルフ。。

来年もしっかりとドリルこなして、安定したスイング作りに励みたいと思います!

 

なぜ冬のゴルフは飛距離が落ちるのか?

冬はボールが飛ばない!

とよく聞くのですが、これは本当なのか?ゴルフ部で検証してみたいと思います。

部長の場合今年から毎週ラウンド練習を始めました。

そして先週ラウンド練習をした時に、アレ?なんだか飛距離が出てないなと感じましたね。

これって何故なのか調べてみたんですが、飛距離が出ない原因として気候と体力面の2つがあります。

 

まず気候面です。

冬は夏に比べて寒くて気温が低い、つまり空気凝縮して密度が濃くなります。

空気の密度が密度が濃くなることが、ボールが飛ぶ抵抗となり、飛距離が落ちるということです。

 

夏は逆ですね。

気温が高いので空気が膨張し、空気の密度が低くなります。ですので空気抵抗が弱くなり、ボールが飛びやすくなるということです。

 

次に体力面ですが、寒くなると体(筋肉)が硬くなります。

そうすると柔軟性のあるスイングができず、どうしてもスイングが硬くなります。

さらにウェアの着ぶくれも飛ばなくなる大きな原因のようです、

当たり前ですが、着ぶくれでスウィングすると体が動きづらくなりますよね。

 

また、クラブの面でも違いが出てきます。

冬はグリップが寒さで冷たくなり、アドレスをとった時にグリップを硬く感じてしまい、

普段のスウィングができなかったりすることも飛ばない原因になるそうです。

 

あの

片山晋呉プロの書籍「シンゴイズム」でも

「夏と冬ではアイアンのキャリーは10ヤード以上変わる」と名言されています。

あなたのゴルフを上達に導く45の言葉 シンゴイズム (MP GOLF BOOKS)

 

あの30勝のツアープロでもキャリーで10y以上変わるので、

アマチュアゴルファーはもっと変わってくる人もいると思います。

ということは1,2番手は確実に上げて飛距離マネジメントが必要になりますね。

冬場のゴルフでもしっかり頭を使って、スコアマネジメントしていきましょう!

 

ウェッジ(アイアン)でしっかりとスピンをかけるコツとは?

いや〜。寒いですね。

部長は昨日ラウンド練習してきましたが、冬は体の動きが悪いですし、ボールも飛ばないですね。。

グリーンが硬いところだとスピンがかからずピンに寄せることが難しくなります。。

 

ではウェッジでしっかりスピンをかけるコツについて書いてみようと思います。

まずは下の画像をご覧ください。

ウェッジショット限定というわけではなく、基本的にアイアンショットも同じです。

ボールにコンタクトする時は、まずボールの右端に当てるようにヘッドを入れ、

ボールのやや左の矢印の部分がスイングの最下点がくるようなイメージでショットします。

 

ボールの真ん中に最下点がくるようにショットしている人もいるかもしれませんが、

そのイメージでスイングしてしまうと若干ダフリ気味です。

ダフリのミスが多い人はこの意識で打ってみるといいと思います。

 

そしてボールの赤丸の部分のターフを取るイメージですね。

矢印の部分に最下点がくるようにショットすれば自然と赤丸部分のターフが取れると思います。

 

いきなりフルショットとかではなかなか難しいと思いますので、

まずはアプローチショットの練習から意識してやってみるのがオススメです!

それからハーフショット、フルショットとスイングを大きくしていきましょう。

 

アプローチショットでもこのようにスイングすることで、ボールにしっかりコンタクトすることができ、スピン量も変わってきますよ。

 

Ringolfでわかりやすい解説動画が上がっていたので、

ぜひチェックしてみてください。

せっかくなので若いお姉さんに教えてもらいたいですよね。笑

シャンクは治せるのか?

昨日に引き続きシャンクの話です。

昨日は「シャンクはなぜ出るのか?」ということについて部長の経験から、

シャンクが出てしまう理論を説明してみました。

シャンクはなぜ出るのか?

これあくまで部長のケースでちょっと考え方が独特かもしれません。

しかし部長はゴルフクラブの特性を理解することで、シャンクを治すことができ、(時々出るけど。。笑)

ゴルフを1度辞める前のベストスコアも更新することができたので、

一応治ったということにします。笑

 

シャンクの治し方ってゴルフ雑誌を読むと書いてありますね。

クラブをインサイドから振れとか、いつもより前傾してアドレスするとかあります。

たぶん全部本当です。笑

 

昨日の記事と同じく、どうすることでシャンクが治るか、自分に合った方法を見つけることが重要です。

 

では部長の場合どう治したかというと、

部長がシャンクが出る原因として考えていたことが、

 

ボールに当てようという意識が強すぎて、

無意識にシャフトの延長上に打点ポイントを持ってきてしまうということ

ですので、

部長はシンプルですがこういう感じで治していきました。

もしシャンクが出たら、まず次に3点に注意していました。

 

1.アドレスでボールに近づきすぎていないか?

2.ボールに当てよう意識しすぎて打点がずれていないか?

3.グリッププレッシャーに力が入りすぎていないか?

 

特に2番目は近くにある枯葉などを目印にスイングして確認したりしています。

スイングの時に注意することは、

フェースの先に当てる意識でボールを打つ

です。

え?簡単すぎるって?笑

 

正直に言うと解決方法はシンプルです。

 

ゴルフって自分が思っている動きのイメージと結果にギャップができやすいスポーツです。

 

自分がフェースのど真ん中だ!とスイングしても

フェースの先だとか、ネック側に当たってたりするもんです。

 

シャンクは特にネック(シャフトの延長上)に打点がきてしまっている状態なので、

思い切って意識を変えることが重要です。

 

かりにフェースの先に当てる意識で打って、きちんと飛んでいくのであれば、

その日はそのスイングの意識が正しくボールにコンタクトできるスイングということになります。

そして正しくボールが飛んでいくこと確認できれば、自然と体もそのスイングを憶えていきます。

 

ちなみに3番目のグリッププレッシャーに力が入りすぎていないか?

もかなり重要で、インパクトの瞬間にグリップを強く握る癖のある人は、

グリップを強く握ることでクラブヘッドの動きの妨げになります。

そのせいでスライスや、シャンクが出る原因にもなりますので、

もしシャンクが出るような時には意識してみてください。

 

 

シャンクはなぜ出るのか?

今日はシャンクについて書いてみたいと思います。

このブログを書き始めて2ヶ月くらいになりますが、いつこのネタを書こうかと温めてきましたが、

意を決してシャンクに向き合ってみたいと思います。笑

 

というのも、部長はゴルフを途中で3年ほどやめていた時期があります。

その原因がシャンクだったわけです。

シャンク病に罹ったのはゴルフを始めて4年くらい経った頃だったと思います。

スコアも初めて90を切ってヨシこれからだという時にシャンク病に罹ってしまいました。。

 

一番酷い時でハーフ70くらい叩いたんじゃないかと思います。

もうその時はスコアがつけるのが嫌になっていて、そのラウンドを最後にゴルフを一度辞めました。

なかなかの落ち込みようで、ゴルフクラブをすべて売り払ってしまったほどでしたね。。。

 

今でも時々出ることがあるんですが、一応自分の中で対策法というか、意識づけすることで、

続けて出るようなことはなくなりましたが、あの時の恐怖は消えません。笑

 

では

なぜシャンクが出るのか?

について自分なりに考えた結果をまとめてみたいと思います。

 

まずはシャンクとはどんな状態かということですが、

下の画像のように、フェースではなく、フェースとシャフトをつなぐネックの部分でインパクトしてしまうことです。

ボールは自分から見て右斜め前に飛んでいきます。

打感は最悪です。笑

 

巷のゴルフ雑誌ではシャンクの原因について、カット軌道でスイングしているとか、ボールとの距離が近いとか、その他いろいろ書かれていると思いますが、

すべて理論は合ってると思います。笑

 

部長が初めてシャンク病に罹ってしまった時はなかなか治せませんでしたが、

重要なのは自分がどの理由でシャンクが出ているか見極めることができれば、克服することも可能ということです。

 

では部長の場合はなんだったのかというと、

 

ボールに当てにいこう感が強すぎた

だと結論づけました。

 

は?と思うかもしれませんが、真面目です。笑

 

これを説明するにはまずゴルフクラブの特性を知ってもらうことです。

まず下の画像を見てください。

ゴルフクラブって当たり前なんですが、

クラブを持っているシャフトの延長上に打点がありません

シャフトの延長上から少しずれた前の赤丸が正確な打面になりますよね?

まあ当たり前すぎるんですが、これがすべてです。

 

どういうことかというと、ゴルフをジュニア時代からされている方は気にしたこともないと思いますが、

これって球技の中では非常に特殊な形状をしている道具と言えます。

 

たとえば野球のバットやテニスのラケットなどは手に持っているグリップの延長上に打面があります。

 

部長の勝手な理論ですが、こういうスポーツに幼少期から慣れている方は、

シャンクが出る原因にもなりやすいと思っています。

なぜなら、

ボールに当てに行こうと無意識に体を動かした時に、過去のスポーツの経験から、

グリップの延長上でヒットしようとする意識が働きやすいと考えるからです。

これゴルフでやってしまうともちろんシャンクになってしまいます。

ちなみに部長も小中学校と野球をやってました。

 

それからインパクトの瞬間グリッププレッシャーに力が入りすぎていないか?

ということも重要です。

インパクトの瞬間にグリップを強く握る癖のある人は、

グリップを強く握ることでクラブヘッドの動きの妨げになります。

 

野球のバッティングって部長の意識だと、バットがボールに当たる瞬間って、グリップを強く握ってた印象があります。

たぶん野球だとそれでもよかったんですが、

ゴルフでそれをやってしまうと、クラブヘッドが返りにくくなってしまうので、

シャンクやスライサーの原因にもなってしまいます。

野球経験者にスライサーが多いと言いますが、そういったことが影響しているのではないかと密かに考えています。

 

勝手な推測ですが、

野球経験者はシャンクが出る可能性が高い!?

と思っています。笑

 

なので、また原因論に戻りますが、

ボールに当てにいこうするあまり、無意識にシャフトの先に打点がきてしまっていた。

というのが部長のシャンクの原因だと思っています。

結局部長のケースでは、手打ちの意識が強い時にシャンクが出ていたと思います。

しっかりと体全体でスイングをしている時はほぼ出ません。

 

なので、ゴルフクラブの特性を知ることで、道具の扱い方が慣れてきた結果シャンクが出にくくなってきましたし、

1度出ても、その後は修正できるようになりました。

 

ちなみにシャンクとスライスは野球経験に因果関係があると部長は思っています。

スライスに関する理論はまた紹介したいと思います。

 

シャンクに悩まれている方は、もしかしたら部長の理論が役立つかもしれませんよ〜!

シャフトのしなりを感じて打てるようになるコツとは?

みなさんクラブのシャフトのしなりって感じてますか??

硬いシャフトを使っている人はなかなかシャフトのしなりって感じにくいと思います。

でも実はクラブシャフトって結構しなっています。

 

これは松山英樹のドライバーショットの画像です。

松山秀樹のハードスペックのシャフトでもこんなにしなっています。

テークバックで体側に1度しなって、

インパクトでは弓のように逆しなりした状態になっています。

この逆しなりの状態を生み出すことで、反発力がうまれ、ヘッドが走り、ビッグドライブへとつながるわけです。

 

このしなりがタメられずインパクトを迎えてしまうと、

チーピンやスライスの原因になったりもします。

もちろん飛距離も出ません。。

 

ではどういう練習をすればこんなしなりを出せるようになるか?

部長はしなりを体感できる練習器具を使うことがしなりを使ったスイングを覚えるのにオススメだと思います。

いくつかオススメの練習器具を紹介します。

 

イージーフレックス EF009ドライバー

マーク金井氏が作った逆しなりを体感できるドライバーですね。

このアイアンバージョンを使ったことがありますが、コレ面白いです。

すごくぐにゃぐにゃなシャフトなので、嫌でもしなりが体感できます。笑

この器具のいいところは実際にボールが打てる!というところですね。

何発か打って、自分のクラブに変えてみるとクラブのしなりを使った打ち方を体に覚えさせることができます!

 

つづいてこちら。
elitegrips(エリートグリップ) 1SPEED ワンスピード スイング練習器

これはしなりを体感できる練習器具としては根強い人気がありますね。

楽天のゴルフ練習器具の中でも1位を何度も獲得しているスグレモノです!

こちらは解説動画があるので、ご覧いただいた方が早いですね!

これは球を打つことはできませんが、 初心者から上級者までシャフトが選べるので、

自分に合ったスペックを使うことができるのでオススメですね!

 

シャフトのしなりを体感する練習器具はこの2つが部長的にはオススメです。

ドライバーを新しく購入するくらいなら、こういう練習器具を買って練習を地道に続ける方が確実にスコアアップに繋がります。

 

え?もっと安くていいのはないのかって?

 

しょうがないですね。笑

最後に1つオススメです。

実は部長はこれを使っているんですが、

 

レディース用のクラブ

です。笑

レディース用のクラブって柔らかいシャフトを使っているので、上記の練習器具ほどしなったりはしないと思いますが、似たようなイメージで使うことができます。

部長は妻が知り合いからもらってきた30年くらい前のレディース用の6番アイアンで時々打ったりして、シャフトのしなりを体感するようにしています。

 

たぶん中古ショップに行けば1,000円くらいで売ってると思います。笑

懐事情が厳しい方はそういったモノをオススメしますよ。

 

ちなみに米山剛プロがゴルフ宮里道場PREMIUM「ゲームの決断」に出演されて際に、

自分で作ったレディース用の6番アイアンで、シャフトのしなりを感じるために実際に練習前に素振りをしたりボールを打ったりするという話をされていました。

プロの方も実践している練習方法なので、アマチュアもどんどん真似をしていきましょう!