「ゴルフ侍、見参!」から分析する勝利の秘訣とは?

このブログ読者の方はけっこうゴルフ侍好きみたいですね。

ゴルフ侍の記事にけっこうアクセスがあるんですよね。

ということで、今日は「ゴルフ侍、見参!」から勝利の秘訣を分析してみたいと思います。

 

データがたくさんあった方がいいと思いますが、集計が大変なのでとりあえず2017年の対決に絞ってみます。

ちょっとデータを取ってみましたが、マッチプレーのため解りやすい結果が得られました。

ゴルフ侍で勝利するキーポイントは。。。

 

1ホール目を落とさない!

 

ということですね。

去年はプロと侍の対決が51ありましたが、オールスクエア(引き分け)が2回あったので、

これは除外してデータを取りました。

 

勝者のデータを取ってみると、、

1ホール目勝ち—48%

1ホール目スクエア— 34%

1ホール目負け—16%

 

非常にわかりやすいですね〜。

1ホール目を落とした場合の勝者は16%しかいません!

やはりマッチプレーなので、序盤戦がキーポイントですね。

ちなみにオールスクエアの2戦も逆転パターンではないので、

1ホール目を落とすと負けが濃厚ということになります。。

 

とはいえ51戦中アマチュアが勝利した対決は10しかないので、

ほぼ8割近くが負けてます。。

 

しかしホームコースという利と戦略をしっかりともって攻めていければ勝機はあると思うので、

これから出演を目指そうという侍の方は、ぜひこのデータを活用してもらいたいですね!

また気が向いたらデータ化してみたいと思います!

美女ゴルファー(トップアマ)が教えるスコアアップの秘訣とは?

こないだの記事にも書きましたが、

最近Ringolfにハマっています。動画もけっこうアップロードされていて、

1本1本が10分ちょっとと短いのでちょっとした合間に観れて便利です。

何より若い美女ゴルファーが観れるのがいいですよね。笑

 

その中でもけっこうゴルフの考え方や技術的にも参考になる動画が多いですね。

最近菊池彩香さんという若いアマチュアゴルファーのラウンドを観ていてとても勉強になりました。

彼女は19歳の若さで日刊アマ2連覇したツワモノです。

ベストスコアはなんと64!

来年はプロテストを受けるそうなので、実力は間違いなくトップアマです。

 

そんな彼女ですが、ゴルフを始めたのは小学6年生の頃だったそうですが、

なかなかスコアアップするのに時間がかかったそうです。

そこである時考え方を変えてみたらトントン拍子でスコアアップしたそうです。

動画で説明してくれているので、ご覧ください。

 

彼女曰く、

ピンに寄せるのではなく、パーオン目指すようになってスコアが変わったそうです。

 

ベタピンを狙うのではなく、パーオンすることで、パーが取りやすくなる環境へ持っていくことが重要みたいですね。

そしてパーオンを狙うにはボールがフェアウェイにあることが重要です。

なので、彼女の考え方は

 

パーが取りたい

パーオン率を上げる

ティショットのフェアウェイキープ率を上げる

 

こういう逆算をして練習に取り組むことでスコアアップに繋げてこれたと話しています。

う〜ん。興味深いですね。

パーを量産するには、まずはドライバーでティショットを安定させることからですね。

 

 

ちなみに90切りとか目指している人は

ボギーが取りたい(最悪ダボ)

ボギーオン率を上げる

ティショットでOB率を減らす

 

って感じで取り組むのがいいですね。

今の部長はこんな感じで取り組んでいます。笑

まずはここができるようになってからでないと、いきなりトップアマの攻め方は難しいです。

モノには順序があって、上達の階段も1段1段課題がありますので、

部長もまずはこれが完璧にできるように日々精進します。笑

ぶっちゃけまだまだドライバーが苦手な部長は、彼女のように柔らかいドライバーショットを意識して練習に取り組んでみたいと思います!

久々に観応えのあったゴルフ侍見参!

昨日は寒かったので、早く家に帰ってGDOスコアのアプリにスコアを入力したりしていました。

2017年分の13ラウンドだけ入力したのですが、GDOの算定したハンディキャップは17.4でした。

来年は競技ゴルフに参加しようと思っていまが、

大会によってはハンディキャップの制限もあるので、これからどんどん縮めていきたいと思います!

 

さて、平日の夜は週末に撮り貯めたゴルフ番組を観ているのですが、

昨日のゴルフ侍、見参は久々に見応えがありましたね〜。

 

結果だけ見るとプロが余裕の勝利という感じですが、

このアマチュアの方がとても素晴らしいゴルファーでした。

 

まずスイングがとても綺麗でした。

 

ゴルフ侍に出演されるアマの方は基本年配の方が多いので、そんなにスイングが綺麗な方はいらっしゃらないのですが、

今回の侍の方はスイングを常日頃から磨いているとおっしゃっていた通り、

力みのないスムーズなスイングでかつ、下半身がしっかりとしたダイナミックなスイングでした。

普段から球を打つことより素振りをメインに練習されているそうです。

 

また、メンタルも非常にしっかりとされていて、

ネガティブな発言などなく、心にゆとりのあるどっしりとしたゴルフをされていて、とても感銘をうけましたね。

 

そしてアマチュアのホームの利であるコースを徹底的に知り尽くした攻め方をされていました。

グリーン側まで寄せると、アプローチはほぼパター、時にはユーティリティなども使い分けていましたね。

特にパットではグリップの持つ位置を変えるなどして、距離に応じて使い分けておられ、

プロもその辺りの工夫を気にしてチェックされていたほどです。

 

2ホール目で侍が先攻したのですが、ホールが進むにつれやはりプロが慣れてきたのか、

最後は1ホールを残してプロの勝利となりました。

 

最後までオールスクエアで行くと面白かったのですが、

そこはやはりプロってすごいなという終わり方で久々に非常に見応えがある内容でした。

 

前回出演された時も思っていたのですが、この植田浩史プロ、

アプローチとパットがめちゃくちゃ上手いです。

対決前の練習でもアプローチを入念に練習されていましたし、

「練習は嘘をつかない」

という信念でゴルフに取り組んでおられ、とても参考になりました。

 

見逃された方はどこかに動画が上がっているでしょうから、ぜひ視聴してみてください!

 

アマチュアゴルファーが観るべきゴルフテレビ番組トップ5!

週末になるとゴルフ番組が増えますね。

部長はプロのトーナメントはあんまり観ないのですが、

毎週放送されるゴルフの番組(バラエティ含む)は録画して観ています。

 

部長的にはゴルフって上達するのにボールを打つことも大事ですが、

上手いプレーヤーからスイングやコースマネジメントを学ぶことも大事と思います。

なので、アマチュアゴルファーにオススメのゴルフ番組トップ5を紹介したいと思います。

 

では第5位から

「ゴルフの翼」

世界に標準を合せた若きゴルフアスリートと、

既にゴルフ以外の競技で世界を経験しているトップアスリートがゴルフのラウンドを楽しみながら

語り合うゴルフエンターテインメント番組です。

 

高校生くらいの子がよく出てきますが、めちゃくちゃ上手いです。。

ジュニアゴルファーはスイングが綺麗なので、とても参考になります。

元トップアスリートとの対談もいいですね、別の競技とはいえトップレベルのアスリートだった方ばかりなので、

トレーニングの仕方や、モチベーションの持ち方など非常に面白いです。

 

個人的には野球の中村紀洋氏の回がめちゃくちゃオススメでした。

また飛ばす飛ばす。。普通に300yくらい飛ばしてましたね。笑

 

 

続いて第4位

「武井壮のゴルフ コロッセオ」

今年の4月から始まった番組ですね。

タレントの武井壮氏が凄腕アマチュアゴルファーとガチンコ対決する番組です。

ゴルフメーカーの社員さんが出演されることが多いのですが、片手シングルのプレーヤーの方も多くて観ていてとても勉強になります。

本間ゴルフの社員さんがめちゃくちゃ上手でビビりました。笑

 

 

続いて第3位

古閑美保のゴルフチャレンジアスリート BSフジ」

 

古閑美保プロが若手の女子ゴルファーとラウンド対決しながら、ワンポイントレッスンなんかをしてくれてます。

まず女子ゴルファーのスイングってとても参考になります。

上半身に力みがなく、体全体を使って上手にスイングするので、体の使い方がとても参考になります。

男子プロのようにダイナミックに打ちたいのはわかりますが、部長的にはまずは女子プロのような体の動きを覚えることがスコアアップにとても大事だと思います。

 

残すところあと2つです!

第2位

「ゲームの決断~ゴルフ宮里道場PREMIUM~」

宮里聖志プロが聞き役となり、ツアープロのコースにおける「判断力」「テクニックの裏側」を紹介する番組です。

今ある状況からどうショットすることがベストかを現役ツアープロが紹介してくれるので、

もの凄く参考になります。

実際にプロの考え方や解説なんて聞くことできませんからね〜。

宮里プロが、プロの目線で質問しているので、大変深い番組です。

部長は週に1度の「ゴルフの授業」だと思って観ています。

 

アシスタントの高柳 愛実さんが綺麗でゴルフも上手なのでここも見所の1つです。笑

 

さていよいよ1位の発表です〜!

「ゴルフ侍、見参!」

 

以前も記事の中で紹介したゴルフ侍、見参!ですね。

これはもうタイトル通り、そのコースでクラブチャンピオンを獲ったことのあるアマチュアゴルファーが、プロとガチンコ対決しています。

 

これはどっちが有利なのか?と思うかもしれませんが、

これまでの戦績を観ると 40勝196敗25分(2017年11月11日現在)と圧倒的にプロが勝ってます。笑

当たり前ですがやっぱりプロって上手いです。

 

出てくるプロはシニアの方ですが、といってもやはりプロ!

ミスショットを打ったりするんですが、それでもパーで上がっていきます。

 

対するアマチュアゴルファーの方も、クラブチャンピオンを獲とられたくらいなので、

ほとんどの方が片手シングルクラス。

もちろん上手ですが、やはり大勢のギャラリーやテレビの緊張感からなのか、けっこう自滅してしまう方が多い印象ですかね。。

 

ただ、やはりこれからシングルを目指そうと思っている方は、

シングルのアマチュアゴルファーのラウンドが観れるので、参考になること間違いなしです!

 

週末のゴルフ番組をしっかり録画して、平日の夜にゴルフの勉強をしましょう!

ゴルフは真似て上手くなる

ゴルフ侍、見参という番組をご存知ですか?

最近ゴルフにめっぽうハマり、ゴルフ番組を観る事が多くなりました。

 

その中でも面白いのがこのゴルフ侍、見参という番組で、

内容はアマチュアゴルファーが所属するホームコースでプロとガチンコ対決でマッチプレーするというもの。

プロとトップアマの対決ということもあり、上達のヒントになる情報も満載なので、ぜひご覧いただきたい。

 

先週の放送で初見充宣プロが非常に興味深いゴルフ上達法を語っていました。

プロ曰く、

「自分と同じ体型の自分よりうまいプレーヤーをとことん真似る」

とのこと。

連続写真を一コマ一コマ真似たり、アドレスまでの動作も真似ると言っていました。

その影響からティーを挿すのは必ず左手だとか。

右手で挿すと右肩が下がる。それがアドレスに影響するため、そういったルーティンも真似ていると話していました。

 

「人を真似る」

 

パクると言うと聞こえは悪いですが、これは今の自分のレベルアップをさせる上で最も簡単な方法だと思っています。

ゴルフだけではなく、さまざまな競技や、または仕事でも通じる考え方だと思います。

 

自分よりスコアが良い人はなぜ良いのか?

自分に足りないものは何なのか?

そういったものを見つけるには、自分よりうまい人を真似ることは非常に良いゴルフの上達法と言える。

 

初見プロは自分と同じ体型のと条件付けていましたが、

これはスイングを真似るためだと思います。

身長体重がが違えば同じスイングをする事が難しいため、そう考えられたのだと思います。

 

あなたも自分の体型と同じような、自分より上手な人を真似てみてはいかがだろうか?