アプローチでダフリのミスを減らすコツとは?

これを寄せればパーが取れる!

ってアプローチの時に限ってザックリとダフりのミスが出たりしますよね。。

 

ダフリが出て止まらないという人は試してみてください。

けっこう簡単な方法です。

ゴルフはアドレスが全てと言われるように、アドレスの時点で出やすいミスなどが決まってきます。

 

ザックリダフリのミスが出るということは、

スイングの最下点がボールより手前にきていることが原因になります。

これを自分でスイングをボールの手前に戻すと手打ちになりやすく、

逆にトップが出たりする原因にもなるので要注意です。

 

こういうケースではアドレスで矯正する方が懸命です。

どうするかというと、

 

ボールをやや右よりの位置でアドレスをとる

これだけです。

画像で説明すると、

もし真ん中にボールを置いてアドレスを取りダフリが出やすい人は、

 

 

画像のように右足の前くらいにボールを置く意識でアドレスをとることです。

 

このボールの置く位置は人それぞれだと思います。

部長はだいたい右足の内側くらいに置く方が打ちやすいです。

自分の打ちやすいポイントを見つけましょう。

 

そして若干オープンスタンスを取ります。

こうすることでクラブヘッドがターゲット方向に抜けやすくなります。

 

もともとボールを左側に置いてアプローチする人は、

真ん中くらいでもいいと思います。

 

こうしてアドレスをとると、

ボールが低く出て転がりやすくなります。

なので、しっかり練習するなどして距離感に気をつけましょう!

 

ちなみにランニングアプローチをしたい場合も右足よりにボールを置いてアドレスを取れば、

転がしやすいですよ。

 

冬のグリーンは硬くてボールが止まりにくいので、

ランニングアプローチで攻める方がスコアがまとまりやすくなるはずです!

 

ゴルフIQをしっかり高めてミスをどんどん無くしていきましょう!

つま先下がりのライを上手に打つコツとは?

つま先下りのライって難しいですよね。

シャンクに悩まされた部長はシャンクが出るのではないかというトラウマから苦手意識が強いライです。。

ティーショットで左に引っ掛けたりするとよくこのシチュエーションになることが多いですね。

チーピンやフックが強めに出るミスが出る人はこういうライが多いですよね。

 

つま先下がりのライの場合普通に打つと右に曲がりやすい(スライスしやすい)と言われいます。

クラブヘッドが開いてインパクトを迎えやすいので、そういう球筋が出やすいということですね。

 

こういったライの場合、ゴルフ雑誌やレッスン書などでいろいろ対策が書かれているのを見ますが、

部長が心がけている対策法を書いてみたいと思います。

 

まず、軽く膝を曲げ、重心をしっかりとります。

そして以下の3点に注意してスイングするようにしています。

 

1.目標より若干左を意識してアドレスをする

これは右に曲がったことを想定してアドレスをとることが大事です。

ピンがグリーンセンターに切ってあるのであれば、グリーン左を狙ってアドレスを取ることが基本です。

右にハザードがある場合には、保険をかけてより左目にアドレスを取ってもいいですね。

 

2.フルショットはしない

これはいつも言っていることですね。

ハーフまたはスリークォーターくらいまでのショットで力まずスイングすることが大事です。

ですので、クラブは1クラブ大きめを持ちましょう。

平坦なライではないので、いつもよりミスが出やすい環境です。

より正確にボールにコンタクトできるスイングを心がけましょう。

 

3.膝の高さを固定して変えないで打つ

これは部長独特の考え方かもしれませんが、膝を軽く曲げ、重心をしっかりとったら、

そこから膝の高さを変えない意識で打つようにしています。

これはなぜかというと、下半身が上下してしまうと上体が下に落ちやすくなってしまうため、

シャンクやスライスが出やすくなってしまいます。

それを防ぐために、なるべく下半身を固定してスイングするようにしています。

以前シャンクに悩んだ部長ならではの方法かもしれません。

 

つま先下りのライを苦手とされている方は、試してみてくださいね。

自宅でオススメの練習方法とは?

気候には絶好のゴルフシーズンですが、最近は天候に恵まれませんね。

今日は自宅でできるオススメのゴルフ練習方法を書きたいと思います。

 

部長は最近ゴルフ関連の書籍を読むようになり、ゴルフのレッスン方法もいろいろ試していますが、

これは場所もそこまでとらないので、オススメです!

 

片山晋呉プロの書籍「SHINGO IZM」で紹介されていて、

片山プロ自身も実際に行なっているドリル

「片手打ち」

です!


シンゴイズムではこの他にドリルも紹介されてあるので、一読されることをオススメします!

 

片手打ちの効果としては、、

・手打ちの矯正

・正しいインパクト作り

 

ではじゃあどうやって打てばいいのか?

片山プロが解説している映像はないのですが、

片山プロに教わっている飯島茜プロが片手打ちを紹介している動画がありますので、こちらをごらんください!

片手打ちの注意点

・手先や腕を使いすぎない

・ゆっくり振る

・右手打ちの時は手首の角度をキープする

以上の点に注意しましょう!

 

 

いやちょっとまって、じゃあこれ自宅のどこでやるの??

って話ですよね?

 

自宅の庭などで練習できる人はいいのですが、

そうでない方もいると思います。

そういう方にはウレタンボールとショットマットを使った室内練習がオススメです!

 

・ウレタンボール

 

・ショットマット

 

これをカーテン前2mくらいにセットして片手打ちしましょう。

カーテンがクッションとなって窓に当たる衝撃を吸収してくれます。

 

ウレタンボールは本球と違って軽くヘッドが抜けやすいので、

手に力みが入らず、スイングをしっかり意識することができるので、オススメです!

毎晩それぞれ10球ずつくらい練習するだけでも十分良いトレーニングになりますよ!