飯合肇プロが教えるアプローチのコツとは?

ゲームの決断〜ゴルフ宮里道場PREMIUMのゲストが先月から飯合肇プロでした。

日本初のレギュラー / シニア両ツアーの賞金王ということもあって非常に勉強になりました。

 

その中で先週の放送ではPAR5などのセカンドショット、それからアプローチを上手に打つコツなどを解説されていました。

今気づいんたんですが、ゲームの決断〜ゴルフ宮里道場PREMIUMでは動画の配信もされているんですね。

部長が観た先週の動画もすでにアップロードされていたので、是非ご覧ください。

 

http://www.alba.co.jp/lesson/column/article?title_id=357&id=6699

 

その解説の中でアマチュアゴルファー向けに説明されていたのですが、

アマチュアゴルファーはピンにできるだけ寄せたいという気持ちが強すぎる。

そうではなく、ピンを中心に半径3m、直径6mの円の中に入れば1パットのチャンスになると解説されています。

目標を狭く絞り込まずに、カップから半径3mに寄ればOKと考える

ことが重要だそうです。

 

確かに部長もピンばかり気にしています。。笑

でも3mとかなかなか寄らない時も多いです。。

ターゲットを絞りすぎず、より大きな的として考えればミスの軽減にも繋がりますね!

 

またこれはアプローチだけでなく、セカンドショットにも使える大事な考え方だと思います。

セカンドでもやはりピンポジションを見て目標と設定すると思います。

しかしより大きな的を目標に、たとえばグリーン全体を1つのターゲットにする、

もしくはグリーンよりもう一回り大きな円をイメージしても良いですね。

そうすることでプレッシャーが軽減され、大きなミスを減らすことができます。

こうすることで1打スコアアップに繋がっていくと思います。

 

部長も次回のラウンドからこのあたりの意識を変えてプレーして見たいと思います!

 

↓スコアップに直結するギアはコレ!レーザー距離計!

 

平均スコア-5打!スコアアップにかかせないゴルフギアはコレ!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です