ちょっとした意識で球筋が変わる(スライスからドローボールへ)

先週末のラウンドで久々に100を叩いてしまって凹んでいる部長です。。

まあスコアは仕方がないなと思っていたのですが、

最近レッスンに通い出してからはスライスが割と出なくなっていたのですが、

週末のドライバーはスライスが頻発していたので凹んでいる次第です。笑

 

ちょっと練習に取り組むモチベーションが低下していましたが、ここで挫けている暇はありません。

部長なりにレッスンで習ったことを思い返しながら何が悪かったかを考えてみました。。

ちなみにレッスン1ヶ月で習った記事がこれですね。

レッスンに通って変わったこと(レッスン開始1ヶ月後)

 

まあ週末のラウンドでは変わった姿はなかったんですがね。笑

 

レッスンに通い出して一番初めにアドバイスを受けたのがアドレスの構え方でした。

まずハンドファーストの構えに変えました。

それからボールとの距離ですね。

 

週末のラウンドではそこを意識して取り組みましたが、スライス頻発でした。

ではなぜか?を考えてみたのです。

 

きちんとアドレスではドローボールが出るように構えられているのに、球はスライスしていく。

スライスしていくということはカット軌道にスイングしています。

 

アドレス→OK

軌道→❌

ということはこれはもう手で無理やりカット軌道を作り出していると考えたのです。

今思い返してみると、スライスが出るときは右手で押し込んだり、

飛ばそうと手首を返す動きが強かったように思います。

 

せっかくアドレスで正しい構えが出来ていても、その軌道を手の動きで邪魔をしていては意味がありません。

そこで意識を変えて、今日ラウンドレッスンに臨んでみました。

 

何を変えたかというと。

正しいアドレス(構え)を取る

スイング中に腕の力やグリッププレッシャーを変えずに、

ただ体を回転させる

という意識でスイングするようにしてみました。

 

以前はトップからの切り返しやインパクトで腕や手に力が入り気味でしたが、

そういったところの力加減を一切変えない意識で、

ただ体を回転させることに集中してみたのです。

 

すると面白いように球がつかまり、ドローボールが出るようになりました。

時々ひっかけのミスは出ますが、今日はスライスは全く出ませんした。

 

コーチ曰く、部長にはその意識が合っているのだろうと言っていたので、

人によって感覚の差があるのがゴルフみたいですね。

 

このようにちょっとしたきっかけで球筋が劇的に変わることに驚かされました。

これが定着するといいのですが、スライサーに戻らないように意識を持ち続けたいと思います!

皆さんも是非試してみてくださいね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です