ゴルフ侍、見参!対決レビュー!大庭長人プロ(2018年2月25日放送)

いや〜平昌オリンピック素晴らしかったですね〜。

あっと今の2週間でしたがトップアスリート達の闘いにとても興奮されられました!

 

先週3ヶ月ぶりに18ホールのラウンドに行ったのですが、

スイングをイジられてるせいもあってか、ここ1年ではワーストスコアで普通に100叩きの刑にあってしまいました。。

うーんまあ今までの自分の感覚を壊されているので、今はしばし我慢ですね。。

 

週末のゴルフ侍を観てモチベーション回復を試みております。笑

ということで恒例のマッチレビューですね!

まあいつものごとく結果が出ちゃってますが、その辺りは気になさらずに!

 

今回の侍は

ゴルフ歴28年

ハンディキャップ3

ベストスコア67

ドライバー平均飛距離270y

とても49歳には見えないほど若々しいルックスを持ちながら、ハンディ5というおそるべし侍です!

 

対戦する大庭長人プロはチームセリザワゴルフアカデミーではレッスンプロとしても活躍されています。

とても謙虚な物腰で終始和やかムードでのラウンドでした!

 

実際のスコアはこんな感じでしたね。

黄色の部分は勝負のアリでスコアが確定していない部分です!

 

展開は若さと飛距離で勝る侍が終始リードしていく展開でしたね。

やはり飛距離で差がつけられるとプロといえども難しいということですね。

 

侍の山科さんはアマチュアの大会で日本代表として出られたこともあるとか。

流石に腕前は素晴らしかったです。

飛距離のアドバンテージをしっかりパーオンへと繋げていましたね。

150yくらいの距離はほぼグリーンを捉えていました。

パットもタッチがしっかりと合っており、今まで観た侍の中でも安定感のあるプレーをしておられました。

山科さんは冒頭のインタビューでフルショットをしないと話していましたので、

そういったプレースタイルがよいスコアをキープする秘訣かもしれませんね!

 

対する大庭プロは、4ホールでASに戻したものの、

直後の5ホール目でティショットを右に曲げてOB。

この悪い流れを断ち切ることができず1ホールを残して敗北となりました。

 

今回の対決で思ったのは、やはりプロに勝つにはパープレーが必要

そのためにはパーオン。

そのためにはティーショットでフェアウェイキープ

やはりこれに尽きるのかなと思います。

 

もちろん寄せワンでパーを取っても同じパーなのですが、

今回の侍のプレーを観ていると、パーオンすることで余裕を持ってパットに臨まれていたと思います。

この余裕こそがマッチプレーで優位に立つことができ、かつ安定したプレーに繋がっていたと思います。

 

部長はまだまだこのレベルにはないので、

90を安定して切るにはボギーープレーが必要

そのためにはボギーオン。

そのためにはティーショットで OBを打たない

やはりこれに尽きるのかなと思いました!

 

いやーしかし今年に入ってゴルフ侍の対決は

8戦中侍が4勝

という素晴らしい成績をおさめています!

このまま続いて欲しいですね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です