伸び悩んだ時は基本に立ち返ろうシリーズ〜アドレス編〜

不定期に書きます「伸び悩んだ時は基本に立ち返ろうシリーズ」

今日は〜アドレス編〜です。

前回はグリップについて書きました。

伸び悩んだ時は基本に立ち返ろうシリーズ〜グリップ編〜

 

部長が考えるゴルフが上手い人の条件が3つあります。

1. グリップが綺麗

2. きちんとアドレスがとれる

3.スイングが綺麗

コレだと思います。

スイングが綺麗はなかなか難しいと思いますが、

グリップとアドレスが正確にできれば真っ直ぐ飛ぶ可能性が高いです。

前回はグリップを紹介したので、今日はアドレスですね。

ちなみに部長も以前アドレスについてこんな記事を書きました。こちらも参考にしてください。

ティーショットでターゲットに向かって構えるコツ

 

今日は最近ハマっている藤井誠ティーチングプロのレッスン動画からわかりやすい解説を見つけたので、

まずこちらをご覧ください。


動画の中ではわかりやすく図でも説明されています。

 

ボールとターゲット方向を結ぶ線から、ボールる中心に田んぼの田のようなマスを作ります。

ここで注意したいことは、多くのアマチュアはいきなり黄色のマスの部分に入りがち

これでは真っ直ぐ構えにくいそうです。

 

正しいアドレスの順序としては

1.ピンクのマスの中でフェースの向きをターゲット方向(スパット)に合わせる

2.そのままピンクのマスの中で右足をセット

3.最後に黄色のマスに左足を入れアドレスを構える

 

確かにそう言われてみると、プロのアドレスでいきなり黄色に入る人って少ないように思います。

これは是非次のラウンドから、いや練習場でもできるので、このルーティンを身に付けるようにしましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です