賞金女王、鈴木愛プロが伝授するパッティングのコツとは?

今年も残り少なくなりましたね。

さて、今年の女子ツアー賞金女王の鈴木愛プロ。

彼女の得意としているのがパットですね。

 

2017年のツアー成績を調べてみると、平均パットがなんと1.758!

堂々の2位の成績を残しています。

パットイズマネーで賞金女王もゲットしてということですね。

 

いつものようにRingolfを観ていたら、鈴木愛プロがパットのコツを解説されていたので、

じっくり観入ってしまいました。

こちらですね。

 

鈴木愛プロが伝授するパッティング上手になるコツですが、

 

・膝はほんのり曲げる程度

・テークバックは気にしない

・ ヘッドをパットラインに向かって真っ直ぐ出すだけ

 

だそうです。

テークバックは無視って断言されてました!

とにかく、ヘッドを真っ直ぐ出す、出球を気にする(パットラインに乗っているか)とのことです。

 

教え方が特徴的でしたね。

ピンを使ってカップへのライン出しをされていました。

このライン通りにフォローでヘッドを打ち出しなさいということみたいです。

こういう方法で教えられるととてもわかりやすいですね。

こんな練習道具がないか探してみます。なかったら自分で作ります。笑

 

ちなみにレッスンされている方は、自分の思っている真っ直ぐのラインと違っていてびっくりされていました。

そう、ゴルフってここが難しいんですよね。。

自分が思っている真っ直ぐが真っ直ぐじゃない問題

ですね。。笑

 

ではどうやると真っ直ぐのラインをアドレスでとりやすいかも動画で解説されていますが、

①後ろからラインを確認

②その後すぐにアドレスを取る

ことが重要だそうです。

この①と②の間にアドレスの近いところで素振りとかしてると、ちょっとラインがずれたりするそうです。

 

なので、鈴木愛プロは後方からラインを観ながら素振り、

その後アドレスに入るというルーティンでパットをされていました。

というかドライバーとかアイアンとかも同じルーティンでしたね。

 

 

プロの練習方法をしっかり取り入れてスコアアップに繋げていきましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です