美女ゴルファー(トップアマ)が教えるスコアアップの秘訣とは?

こないだの記事にも書きましたが、

最近Ringolfにハマっています。動画もけっこうアップロードされていて、

1本1本が10分ちょっとと短いのでちょっとした合間に観れて便利です。

何より若い美女ゴルファーが観れるのがいいですよね。笑

 

その中でもけっこうゴルフの考え方や技術的にも参考になる動画が多いですね。

最近菊池彩香さんという若いアマチュアゴルファーのラウンドを観ていてとても勉強になりました。

彼女は19歳の若さで日刊アマ2連覇したツワモノです。

ベストスコアはなんと64!

来年はプロテストを受けるそうなので、実力は間違いなくトップアマです。

 

そんな彼女ですが、ゴルフを始めたのは小学6年生の頃だったそうですが、

なかなかスコアアップするのに時間がかかったそうです。

そこである時考え方を変えてみたらトントン拍子でスコアアップしたそうです。

動画で説明してくれているので、ご覧ください。

 

彼女曰く、

ピンに寄せるのではなく、パーオン目指すようになってスコアが変わったそうです。

 

ベタピンを狙うのではなく、パーオンすることで、パーが取りやすくなる環境へ持っていくことが重要みたいですね。

そしてパーオンを狙うにはボールがフェアウェイにあることが重要です。

なので、彼女の考え方は

 

パーが取りたい

パーオン率を上げる

ティショットのフェアウェイキープ率を上げる

 

こういう逆算をして練習に取り組むことでスコアアップに繋げてこれたと話しています。

う〜ん。興味深いですね。

パーを量産するには、まずはドライバーでティショットを安定させることからですね。

 

 

ちなみに90切りとか目指している人は

ボギーが取りたい(最悪ダボ)

ボギーオン率を上げる

ティショットでOB率を減らす

 

って感じで取り組むのがいいですね。

今の部長はこんな感じで取り組んでいます。笑

まずはここができるようになってからでないと、いきなりトップアマの攻め方は難しいです。

モノには順序があって、上達の階段も1段1段課題がありますので、

部長もまずはこれが完璧にできるように日々精進します。笑

ぶっちゃけまだまだドライバーが苦手な部長は、彼女のように柔らかいドライバーショットを意識して練習に取り組んでみたいと思います!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です