アプローチでダフリのミスを減らすコツとは?

これを寄せればパーが取れる!

ってアプローチの時に限ってザックリとダフりのミスが出たりしますよね。。

 

ダフリが出て止まらないという人は試してみてください。

けっこう簡単な方法です。

ゴルフはアドレスが全てと言われるように、アドレスの時点で出やすいミスなどが決まってきます。

 

ザックリダフリのミスが出るということは、

スイングの最下点がボールより手前にきていることが原因になります。

これを自分でスイングをボールの手前に戻すと手打ちになりやすく、

逆にトップが出たりする原因にもなるので要注意です。

 

こういうケースではアドレスで矯正する方が懸命です。

どうするかというと、

 

ボールをやや右よりの位置でアドレスをとる

これだけです。

画像で説明すると、

もし真ん中にボールを置いてアドレスを取りダフリが出やすい人は、

 

 

画像のように右足の前くらいにボールを置く意識でアドレスをとることです。

 

このボールの置く位置は人それぞれだと思います。

部長はだいたい右足の内側くらいに置く方が打ちやすいです。

自分の打ちやすいポイントを見つけましょう。

 

そして若干オープンスタンスを取ります。

こうすることでクラブヘッドがターゲット方向に抜けやすくなります。

 

もともとボールを左側に置いてアプローチする人は、

真ん中くらいでもいいと思います。

 

こうしてアドレスをとると、

ボールが低く出て転がりやすくなります。

なので、しっかり練習するなどして距離感に気をつけましょう!

 

ちなみにランニングアプローチをしたい場合も右足よりにボールを置いてアドレスを取れば、

転がしやすいですよ。

 

冬のグリーンは硬くてボールが止まりにくいので、

ランニングアプローチで攻める方がスコアがまとまりやすくなるはずです!

 

ゴルフIQをしっかり高めてミスをどんどん無くしていきましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です