なぜ冬のゴルフは飛距離が落ちるのか?

冬はボールが飛ばない!

とよく聞くのですが、これは本当なのか?ゴルフ部で検証してみたいと思います。

部長の場合今年から毎週ラウンド練習を始めました。

そして先週ラウンド練習をした時に、アレ?なんだか飛距離が出てないなと感じましたね。

これって何故なのか調べてみたんですが、飛距離が出ない原因として気候と体力面の2つがあります。

 

まず気候面です。

冬は夏に比べて寒くて気温が低い、つまり空気凝縮して密度が濃くなります。

空気の密度が密度が濃くなることが、ボールが飛ぶ抵抗となり、飛距離が落ちるということです。

 

夏は逆ですね。

気温が高いので空気が膨張し、空気の密度が低くなります。ですので空気抵抗が弱くなり、ボールが飛びやすくなるということです。

 

次に体力面ですが、寒くなると体(筋肉)が硬くなります。

そうすると柔軟性のあるスイングができず、どうしてもスイングが硬くなります。

さらにウェアの着ぶくれも飛ばなくなる大きな原因のようです、

当たり前ですが、着ぶくれでスウィングすると体が動きづらくなりますよね。

 

また、クラブの面でも違いが出てきます。

冬はグリップが寒さで冷たくなり、アドレスをとった時にグリップを硬く感じてしまい、

普段のスウィングができなかったりすることも飛ばない原因になるそうです。

 

あの

片山晋呉プロの書籍「シンゴイズム」でも

「夏と冬ではアイアンのキャリーは10ヤード以上変わる」と名言されています。

あなたのゴルフを上達に導く45の言葉 シンゴイズム (MP GOLF BOOKS)

 

あの30勝のツアープロでもキャリーで10y以上変わるので、

アマチュアゴルファーはもっと変わってくる人もいると思います。

ということは1,2番手は確実に上げて飛距離マネジメントが必要になりますね。

冬場のゴルフでもしっかり頭を使って、スコアマネジメントしていきましょう!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です