久々に観応えのあったゴルフ侍見参!

昨日は寒かったので、早く家に帰ってGDOスコアのアプリにスコアを入力したりしていました。

2017年分の13ラウンドだけ入力したのですが、GDOの算定したハンディキャップは17.4でした。

来年は競技ゴルフに参加しようと思っていまが、

大会によってはハンディキャップの制限もあるので、これからどんどん縮めていきたいと思います!

 

さて、平日の夜は週末に撮り貯めたゴルフ番組を観ているのですが、

昨日のゴルフ侍、見参は久々に見応えがありましたね〜。

 

結果だけ見るとプロが余裕の勝利という感じですが、

このアマチュアの方がとても素晴らしいゴルファーでした。

 

まずスイングがとても綺麗でした。

 

ゴルフ侍に出演されるアマの方は基本年配の方が多いので、そんなにスイングが綺麗な方はいらっしゃらないのですが、

今回の侍の方はスイングを常日頃から磨いているとおっしゃっていた通り、

力みのないスムーズなスイングでかつ、下半身がしっかりとしたダイナミックなスイングでした。

普段から球を打つことより素振りをメインに練習されているそうです。

 

また、メンタルも非常にしっかりとされていて、

ネガティブな発言などなく、心にゆとりのあるどっしりとしたゴルフをされていて、とても感銘をうけましたね。

 

そしてアマチュアのホームの利であるコースを徹底的に知り尽くした攻め方をされていました。

グリーン側まで寄せると、アプローチはほぼパター、時にはユーティリティなども使い分けていましたね。

特にパットではグリップの持つ位置を変えるなどして、距離に応じて使い分けておられ、

プロもその辺りの工夫を気にしてチェックされていたほどです。

 

2ホール目で侍が先攻したのですが、ホールが進むにつれやはりプロが慣れてきたのか、

最後は1ホールを残してプロの勝利となりました。

 

最後までオールスクエアで行くと面白かったのですが、

そこはやはりプロってすごいなという終わり方で久々に非常に見応えがある内容でした。

 

前回出演された時も思っていたのですが、この植田浩史プロ、

アプローチとパットがめちゃくちゃ上手いです。

対決前の練習でもアプローチを入念に練習されていましたし、

「練習は嘘をつかない」

という信念でゴルフに取り組んでおられ、とても参考になりました。

 

見逃された方はどこかに動画が上がっているでしょうから、ぜひ視聴してみてください!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です