シャンクは治せるのか?

昨日に引き続きシャンクの話です。

昨日は「シャンクはなぜ出るのか?」ということについて部長の経験から、

シャンクが出てしまう理論を説明してみました。

シャンクはなぜ出るのか?

これあくまで部長のケースでちょっと考え方が独特かもしれません。

しかし部長はゴルフクラブの特性を理解することで、シャンクを治すことができ、(時々出るけど。。笑)

ゴルフを1度辞める前のベストスコアも更新することができたので、

一応治ったということにします。笑

 

シャンクの治し方ってゴルフ雑誌を読むと書いてありますね。

クラブをインサイドから振れとか、いつもより前傾してアドレスするとかあります。

たぶん全部本当です。笑

 

昨日の記事と同じく、どうすることでシャンクが治るか、自分に合った方法を見つけることが重要です。

 

では部長の場合どう治したかというと、

部長がシャンクが出る原因として考えていたことが、

 

ボールに当てようという意識が強すぎて、

無意識にシャフトの延長上に打点ポイントを持ってきてしまうということ

ですので、

部長はシンプルですがこういう感じで治していきました。

もしシャンクが出たら、まず次に3点に注意していました。

 

1.アドレスでボールに近づきすぎていないか?

2.ボールに当てよう意識しすぎて打点がずれていないか?

3.グリッププレッシャーに力が入りすぎていないか?

 

特に2番目は近くにある枯葉などを目印にスイングして確認したりしています。

スイングの時に注意することは、

フェースの先に当てる意識でボールを打つ

です。

え?簡単すぎるって?笑

 

正直に言うと解決方法はシンプルです。

 

ゴルフって自分が思っている動きのイメージと結果にギャップができやすいスポーツです。

 

自分がフェースのど真ん中だ!とスイングしても

フェースの先だとか、ネック側に当たってたりするもんです。

 

シャンクは特にネック(シャフトの延長上)に打点がきてしまっている状態なので、

思い切って意識を変えることが重要です。

 

かりにフェースの先に当てる意識で打って、きちんと飛んでいくのであれば、

その日はそのスイングの意識が正しくボールにコンタクトできるスイングということになります。

そして正しくボールが飛んでいくこと確認できれば、自然と体もそのスイングを憶えていきます。

 

ちなみに3番目のグリッププレッシャーに力が入りすぎていないか?

もかなり重要で、インパクトの瞬間にグリップを強く握る癖のある人は、

グリップを強く握ることでクラブヘッドの動きの妨げになります。

そのせいでスライスや、シャンクが出る原因にもなりますので、

もしシャンクが出るような時には意識してみてください。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です