つま先上がりのライを上手に打つコツとは?

昨日はつま先下りのライを上手に打つコツについて書いたので、

今日はつま先上がりのライについて書きたいと思います。

つま先下がりのライを上手に打つコツとは?

ティーショットでプッシュアウトやスライスを打つと、このシチュエーションになることが多いですね。

スライサーの人はよくあるケースではないでしょうか?

 

つま先上がりのライの場合、普通に打つと左に曲がりやすい(フックしやすい)と言われいます。

クラブヘッドがアップライトにインパクトしやすいので、そういう球筋が出やすいということですね。

 

こういったライの場合、ゴルフ雑誌やレッスン書などでいろいろ対策が書かれているのを見ますが、

部長が心がけている対策法を書いてみたいと思います。

 

つま先下りと似ている部分がありますが、

以下の3点に注意してスイングするようにしています。

 

1.目標より若干右を意識してアドレスをする

これは左に曲がったことを想定してアドレスをとることが大事です。

ピンがグリーンセンターに切ってあるのであれば、グリーン右を狙ってアドレスを取ることが基本です。

左にハザードがある場合には、保険をかけてより右目にアドレスを取ってもいいですね。

 

2.フルショットはしない

これはいつも言っていることですね。

ハーフまたはスリークォーターくらいまでのショットで力まずスイングすることが大事です。

ですので、クラブは1クラブ大きめを持ちましょう。

 

またフォロースルーをしっかり取るとフックが強くなる可能性があります。

あまりクラブを振り抜かず、コントロールをする意識で打ちましょう。

 

3.膝の高さを固定して変えないで打つ

これは部長独特の考え方かもしれませんが、膝を軽く曲げ、重心をしっかりとったら、

そこから膝の高さを変えない意識で打つようにしています。

バンカーショットなどのトラブルショットの場合でもこういった体勢でショットをすることが多いです。

 

これはなぜかというと、下半身が上下してしまうと上体がブレやすくなってしまうため、

ダフリやひっかけが出やすくなってしまいます。

それを防ぐために、なるべく下半身を固定してスイングするようにしています。

 

平坦なライではないので、いつもよりミスが出やすい環境です。

より正確にボールにコンタクトできるスイングを心がけましょう。

 

つま先上がりのライを苦手とされている方は、試してみてくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です