コースマネジメントを学んでスコアアップ!

皆さんコースマネジメントってやってます?

部長は最近やっと取り組み始めた影響もあってか、スコアに安定感も出てきました。(遅すぎ笑)

 

ゴルフを始めた頃は常にピンばっかり狙ってましたね。。

パー5のセカンドとかツーオンしか狙ってなかった記憶があります。笑

今思えばよくあんな腕で狙ってるなって感じですね。。

 

前の組がパー5のセカンドでレイアップせずにグリーンが空くのを待っている人を見ると、昔の自分を思い出して懐かしいです。笑

だいたいチョロったりショートする人が多いんですよね〜。

サクッと刻んでアプローチした方がパーの確率は断然高いのに、意外とこれやらない人いるんですよ。

そこで大叩きしちゃうんですよね〜。

 

やはりコースマネジメントって大事です。

特にアマチュアゴルファーに関して言えば、距離が長くなるほどパーの難易度が上がります

長ければ長いほどコースの策略(ワナ)にハマってしまう可能性が高いので、より安定したショットが求められるからです。

なのでパー5がパーやバーディが狙えそうなラッキーホールと思っている人はもうコースに負けちゃってます。。

 

じゃあどうやって学べばいいのか?

部長はいろいろコースマネジメントの本を読んだり、自分より上手な人とラウンドするのがいいと思っています。

てっとりばやいのが本ですが、これもいろいろ種類があるのでとりあえず1冊オススメするのがコレです。

 

優勝請負人キャディが教える プロの攻め アマの攻め 実践編 

 

イボミのキャディの清水氏のコースマネジメントの解説本です。

現役最多勝の最強キャディがしっかり基礎から伝授してくれます。

 

部長的に興味深かったのが、ティーショットの立ち位置と、狙いどころですね。

 

一般的に左にOBやハザードがある場合はティーグラウンドの左に立ち、

逆に右にOBやハザードがある場合はティーグラウンドの右に立つのが基本ですが、

まずティーグラウンドの状態を見て、できるだけ平坦でショットをしやすい部分を選択することが優先みたいです。

 

ああなるほどなと。

確かにティーグラウンドってどっちかに傾いていることも多いので、

できるだけスクエアに構えやすい場所を選択する方がよいショットに繋がりやすいです。

 

それからフェアウェイの狙い所はピンポジションによって変えるということです。

例えばこういうコースがあるとします。

左のグリーンでピンポジションが左に切ってある場合、

フェアウェイの右サイドを狙ってティショットを打っていきます。

そうすると、グリーン左手前のバンカーがショット方向にかからず、グリーンも広く狙っていけるからです。

 

今までピンボジションとかあんまり意識してなかったですが、笑

これを読んでピンポジションを意識したフェアウェイの狙い所をターゲットにするようになりました。

仮に左に行ってしまった場合は無理にピンを狙わず、グリーン右サイドを狙うのが安全策ですね。

 

こういう細かなコースマネジメントの解説が160ページに渡って展開されているので、

初心者から上級者まで読み応え十分な内容になっています。

頭を使ってしっかりスコアアップに繋げていきましょう!

 

優勝請負人キャディが教える プロの攻め アマの攻め 実践編 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です