砲台グリーンの攻め方、狙い方の基本

打ち上げの砲台グリーン。

部長も苦手なシチュエーションの1つです。

 

もともと球を上げるのがあんまり好きじゃないので、苦手意識が強いんですよね〜。

部長はどちらかというと転がしの方が好きなので、砲台グリーンだと手前から寄せれないので難しいですよね。

 

特にこんな状況だとグリーン面が見えないですし、距離感を合わせることが難しいです。。

なのでまず重要なことは

正確な距離を知る

ということが第一優先事項です。

 

ということで正確な距離を知るにはこれが一番いいです。

Bushnell(ブッシュネル)

 

まあいつものブッシュネル推しですが、コレホント重要です。

こういう状況こそ正確に何ヤード残っているかわかるだけでも自信を持ってショットに集中できます。

距離測定器を持ってない人は、コースのヤード表示を信じてがんばりましょう。笑

 

次に狙い所ですが、砲台グリーンの注意ポイントとしてあげられるのが

ショートすると難しいアプローチが残る

ということです。

 

ショートしてしまうとボールが傾斜で戻されますので、また打ち上げのアプローチが残ってしまいます。

なので、確実にグリーン面を捉えることが重要です。

ピンポジションが手前なら奥狙い

ピンポジションが奥なら中央狙い

この攻め方が王道です。

 

それからもう1点注意したいポイントが

目線が上を向きがちな件

ですね。

これ、砲台グリーンだとアドレスをとった時に目線が上を向きやすくなってしまいます。

この影響で右肩が下がったアドレスになったり、ざっくりとダフってしまう原因になりやすいです。

なので、目線はまっすぐを意識。

画像のケースならバンカーの上の土手ぐらいを見る意識でアドレスしましょう。

 

こういう対策を知っているだけでもミスや大事故を防げますので、

次のラウンドではしっかりと意識してプレーしてみましょう!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です