スコアアップにつながるゴルフ練習場での練習方法

昨日は「打ちっ放し型ゴルフ練習場での注意点!」を紹介しました。

 

実際のヤード表示や飛ばない球など、実際のラウンドの環境とは違うことがわかってもらえたと思います。

 

といってもなかなかゴルフ練習場くらいしかゴルフの練習はできませんので、

今日はそういった環境でもスコアアップに繋がりやすい練習方法を紹介したいと思います。

 

まず以前記事で紹介したこれは絶対やりましょう。

「これだけやればゴルフは上手くなる」

片山プロ推薦のウェッジのハーフショットです。

このショットはすべてのスイングの基礎となる部分なので、必ずやったほうがいいです。

あのジャンボさんも毎日このドリルをやっているそうです。

 

 

それから

「自宅でオススメの練習方法とは?」

で紹介している、ウェッジの片手打ちです。

 

自宅でもできますが、これはボールを打つ前の準備運動としても最適です。

片山プロも動画の中でしつこく片手打ちを練習しなさいと指導しているほどです。

 

あとは、マットでダフってもそこそこ当たってしまうので、

ティーアップしたボールをウェッジで打つ

方法もとてもスキルアップに繋がる練習方法です。

ウェッジで綺麗にボールにコンタクトさせるのって意外と難しいです。

80を切るような人でもダフったりトップしたいするという人もいるほどなので、

難易度が高い割に気軽に練習できる方法です。

 

だいたいこんなところですが、

「うわぁ〜面白くなさそう」って思いませんでしたか?笑

 

まあ部長の勝手な理論ですが、

これらの練習方法全てに共通するのは

フルショットしない!!

ってことなんです。

 

フルショットするればするほど手に力が入りやすいですし、スイング崩しやすいです。

大きい動きになればなるほど、細かい修正が難しいですし、

クラブと体の一体感を出すのが初心者ほど困難になります。

さらに練習場のボールの打感って違うので、強く打てば打つほどその辺の感覚も狂います。

なので、あまり打感の影響を受けないウェッジのハーフショットとか、片手打ちとか、アプローチショットでスイング作って固定して行くほうが、ラウンドの時に安定感がでます。

 

まあ騙されたと思って冬の間はこの練習に励んでみてはどうでしょうか?

春先に必ず結果に繋がること間違いないですよ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です