グリップの太さを変えるメリットとは?

今日はゴルフのグリップの太さにについて書いてみたいと思います。

みなさんゴルフのグリップの太さって気にしたことありますか?

 

最近ではいろいろな場所でゴルフクラブのフィッテングができるようになりました。

ヒマラヤやゴルフ5などの大型量販店でも簡単なフィッテングをしてくれます。

 

ゴルフクラブはヘッドの形状からシャフトの特性など千差万別ですので、

フィッテングデータから自分にベストのクラブを探してもらうことはとても重要です。

なぜなら、皆それぞれ身長や体格が違います。

その人に合ったベストなシャフトの硬さや長さは人それぞれ違うため、

ある程度データ化されたものから導き出してもらうことが大事だからです。

 

クラブヘッドやシャフトにはいろいろとこだわるゴルファーは多いと思いますが、

グリップの太さにこだわる人ってまだまだ少ないと思います。

 

部長的にはグリップの太さにこだわることをオススメします。

 

なぜならクラブと自分の体を接点はグリップだからです。

 

身長165cmのゴルファーと185cmのゴルファーでは当然手の大きさが違います。

同じ身長のゴルファーでも手の甲と指の長さ、太さは同じではないはずです。

全く違う手をしているゴルファーが同じ太さのグリップでいいはずはありません。

 

一般的に

グリップが細ければヘッドが返りやすく、(フック)

グリップが太ければヘッドが返りにくい。(スライス)

と言われますが、スライサーだからグリップが細ければよいという訳ではないと思います。

 

重要なのはクラブを握った時にスペースができない状態、

自然にクラブが手にフィットする状態だと思います。

 

グリップが細すぎれば、スペースが生まれインパクトの瞬間にズレが生じやすいですし、

太すぎてもスムーズにスイングができません。

 

最近パターグリップに極太グリップを使うプロが増えているのも、

こういったことからスイングに安定感を出すためだと思います。

 

部長的には身長が170cm以上あるゴルファーや、手の指が長い、肉厚な手の方は一度適正グリップの太さを調べてみるといいと思います。

 

ではどのように調べればよいかと言うと、

部長はPINGのフィッテングに行って、適正グリップを教えてもらいました。

PINGはグリップセレクションチャートというものを作っており、手の指の長さを計測したりして、

その人に合ったグリップの太さをオススメしてくれるのです。

 

 

ちなみに部長のグリップはゴールドですので、標準よりかなり太いです。

1年ほど前フィッティングを受けてアイアンとウェッジのグリップの太さを変更しました。

初めはちょっと慣れませんでしたが、今ではアイアンの安定感が抜群ですので、

グリップの太さの影響も必ずあると確信しています。

 

シャフトにこだわるのももちろん重要ですが、

今お持ちのクラブのグリップの太さを変えるだけでも安定感を出すことも可能ですよ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です