100切りに必要な2つのポイント!

 

今日はゴルフのスコアアップについて話したいと思います。

ゴルフを始めた初心者の方がまず目標にするスコアが100切りですね!

ではこの100切りを達成するにはどんなことが必要で、何を練習すれば良いのかという話しです。

 

部長の理論では100切りに必要なのはたった2つのポイントです。

 

1.ティーショットでOBを打たない

これは後に90切りにも絡んでくる重要なポイントです。

そんなこと言われなくても知ってるし、できれば訳ないと思うかもしれません。笑

 

ただ部長が言いたいのはドライバーでOBを打たないという意味ではないのです。

「ティーショットでOBを打たない!!!」

です。大事なので2回言っときます。笑

ティーショットでOBを打たないようにするためには、OBが出る可能性があるクラブを使わないことです。

 

そして100切りであればティーショットで180yも飛べば十分です。

180yを安全に打てるクラブを使いましょう。

これは人によってさまざまですので、フェアウェイウッドでもユーティリティでも、ロングアイアンでもいいです。

もちろんドライバーで軽く打って飛ばしても良いです。

 

とにかく、

ティーショットはOB出さずに180y前方に進めるための1打

と捉えてプレーしてみましょう。

 

試しに打ちっ放しの練習場で180yを安定して打てるクラブを探してみましょう!

 

 

続いて2つ目のポイントです。

2.50y以内を3打で上がる

これも後に90切りに必要なポイントです。

 

ジャックニクラウスの言葉の引用ですが、

ゴルフスコアの70%は120ヤード以内のショットで打たれる

と言われるように、ゴルフのスコアの半分以上はグリーン近く(またはグリーン上)で打たれています。

 

50y以内を3打で確実に上がれるような技術がつけば、100切りは楽勝です。

仮にティーショットでOBが出たとしても、ダブルボギーやトリプルボギーで抑えられることができるので、

スコアの大崩れを防ぐことができます!

 

では50y以内3打で上がるために必要な技術といえばやはりアプローチになります。

部長は割とパットが得意なので、グリーンに乗せればほぼ2打以内のパットで上がる自信があります。

アプローチで重視しているのは

まずグリーンに乗せること

を最優先に考えます。

 

バンカーなどの特殊な状況を除き、50y以内に使うクラブは固定することをオススメします。

そして練習も同じクラブで行ってください。

 

たとえば部長の場合、52度のウェッジでアプローチします。

 

10y, 30y, 50y

この3つの距離をひたすら練習して距離感を養います。

打ちっ放し型の練習場には必ず50yの看板があると思いますので、

クラブを固定し、どのくらいの振り幅で打てば10y,30y,50y飛ぶのかをじっくり検証してみてください。

 

そしてまずグリーンに乗せるためにはグリーンの中央を狙っていくことが大事です!

 

100切りに悩んでいる方はこの2つのポイントを意識して練習、ラウンドに取り組んでみましょう!